冬になると雪国に住んでいる方を悩ませるのが「雪かき」です。

「雪かき」って言葉は北海道や東北に住んでいる人以外はもしかしたら言葉の意味が通じないかもしれません。「雪かき」と言うのは「雪片づけ」と言う意味です。

雪国の冬は降雪量が非常に多いので「雪かき」は毎日しなければならない日課のひとつになります。

雪国に住んでいるの人の冬の生活は大変で、雪かき中心の生活といっても過言ではありません。

朝起きて自宅の駐車場や道路前などを雪かきして会社に出かけます。

スポンサードリンク

大きい会社なら専門業者に除雪を依頼しているので特段困りませんが、零細企業だと会社の駐車場の除雪作業も出社してから社員自ら行わなければなりません。

そして、帰宅してから自宅に降り積もっている雪を雪かきしてやっと一日の雪かき作業が終わるわけですから、人によって冬になると体重が減る人も多いようです。

そこで、今回は雪かきするときの便利な道具をご紹介しようと思います。

雪かき道具の種類

降り始めの雪を雪かきする場合の道具

一般的に雪国で使用されるのがプラスチック製のスコップです。

鉄製やアルミニウム製のスコップと比べると軽いので、軽く積もった雪かきには最適な道具です。

さらにプラスチック製より強度が3倍以上あるポリカーボネート製のスコップも値段は高めですが人気があります。

駐車場などの広い場所を除雪する場合の雪かき道具

駐車場などの比較的広い場所に積もった雪の除雪をするには広範囲の除雪が必要なので、通常のスコップよりも幅広のスコップを使用します。

スノープッシャータイプといって雪を押して除雪するタイプの雪かき道具です。

私も重宝していまして、このタイプのものを主に使用しています。

ただ、幅広のために端のほうが欠けやすいという欠点があります。

しかし、最近ではトップの部分のみを交換できるタイプが登場しています。

もっと広い範囲を除雪する場合の雪かき道具

スノープッシャータイプより圧雪した雪を除雪する場合雪国でスタンダードに使用されているのが俗名「ママさんダンプ」です。

「スノーダンプ」とも呼ばれていますが、大別して二種類の大きさがありますので購入する場合には除雪したい場所をよく把握した上で購入するようにしましょう。

私の場合は大きいサイズの「ママさんダンプ」を購入したのですが、結構重くて使用するのが大変だと感じました。

少ない降雪量の地域なら大きめのスノーダンプでも問題なく押すことができるので問題無いと思いますが、大雪が降る地域では大変だと思います。

スポンサードリンク

女性なら小さいサイズのものでないと疲れてしまうのではないでしょうか?

いずれにしてもスノーダンプタイプの雪かき道具は一家に一台あると重宝しますので、自宅に合うサイズのものを用意しておけばいざという時に助かると思います。

家の二階の屋根の部分に積もった雪を落とす雪かき道具

積雪が多い地域では家の屋根の雪下ろしをしなければなりません。

自分で行う人もいるかもしれませんが、一般的には業者に依頼する人の方が多いのではないでしょうか?

しかし、そこまでする必要がない御宅の場合には屋根の端の部分の雪かきを行えば良いのではないでしょうか。

地上から2階の屋根の部分の雪下ろしをする場合には長めの棒が付いた雪かき道具が重宝します。ただし、雪が自分に向かって落ちてきますので反射神経がある程度必要になります。

力のない方が広範囲を除雪したい場合の雪かき道具

最近登場したびっくりした雪かき道具があります。

なんと!スノープッシャータイプの雪かき道具にタイヤが付いているものです。

少ない力でも強力に除雪をサポートする雪かき道具です。

雪かき範囲が広範囲で疲れ果てている人のために、是非お薦めしたい雪かき道具です。

地面が分厚い氷で凍結してしまった場合の氷割り道具

雪が降り始めた当初は問題ないかもしれませんが、次第に圧雪が繰り返されて地面が分厚い氷になってしまった場合には、地面の氷割りをする必要があります。

しかし、地面の氷はそう簡単には割ることは出来ないのです。それには専門の道具が必要です。分厚い氷も簡単に割れる道具が販売されています。

まとめ

雪かき道具は本当に色々なものが販売されています。

購入する場合に大切なことは自分の家の除雪スタイルに合ったものを選ぶ必要があるということです。

あなたも雪かき道具を購入する際には慎重に考えてから購入するようにして下さいね。

スポンサードリンク