節分の豆のイラスト成田山節分会(せつぶんえ)は毎年2月3日に千葉県のい成田山新勝寺でとりおこなわれる日本を代表する盛大な豆まき行事です。

「国土安穏」「五穀豊穣」「万民豊楽」などを祈願して行われ、毎年、力士や芸能人目当てで訪れる方も少なくありません。

そこで、今回のブログ記事は力士や芸能人などの有名人ゲストを目当ての人のために、近くで芸能人たちを見る事ができる穴場スポットをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

成田山新勝寺の節分は何時行われるのか?

成田山新勝寺の節分は毎年2月3日にとり行われます。

全部で3回行われますが、力士や芸能人は1回目と2回目だけに参加します。3回目には登場しませんので力士や芸能人などを目当てにしていらっしゃる方は注意して下さい。

【成田山新勝寺の節分会スケジュール】

1回目:AM11:00~(力士及び芸能人参加予定)
2回目:PM 1:30~ ( 〃 )
3回目:PM4:00~

成田山の節分日程はこちらでチェック!

成田山の節分の混雑度はどれくらい?

私が色々と調べました所、芸能人などを近くで見たい場合には早めに現地に着かれることをお薦めします。

登場する芸能人の人気度にもよりますが、非常に人気が高い芸能人の場合には混雑度は格段に増すようですのでより早い現地到着が望ましいと思います。

時間的には少々早めと思われる8:30分頃を目安にすれば間違いないと思います。

実際に8:30分頃到着しても人がまばらだと思うかも知れませんが、あっという間に場所取りが始まってしまいます。

ですから、「ちょっと早いかも?」と思うくらいの時間に到着していれば間違いないのです。

【成田山新勝寺の詳細図】
成田山新勝寺詳細地図

力士や芸能人たちを近くで撮影したいなら

上記が成田山新勝寺の地図ですが(汚い手作りの地図でスミマセン(^_^;))、豆まきをする力士や芸能人などは地図の左下にある「光輪閣」の中で出番の時間を待っています。

そこから地図の赤い矢印のとおりに進んでいって成田山新勝寺の本堂に向かいます。

スポンサードリンク

その通路には芸能人を近くで見ることのできる穴場スポットがあるのです。

そこが、地図上にある青い小さな丸で囲まれた場所です。

何故そこがマル秘スポットかといえば、芸能人たちの一行は階段を登る前にそこで一旦整列するのです。

ですから、青い小さな丸で囲まれた階段前の曲がり角は芸能人をカメラなどで撮影する絶好の場所なのです。

また、豆まきを終えると一行は出発地点の「光輪閣」へ帰ってきますので同じ場所で待ち構えていれば再び絶好のシャッターチャンスを狙えます。

※ちなみに一行の行列の順番は下記のとおりになります
県知事⇒関係者⇒力士⇒芸能人

1回目の豆まき時間は午前11:00時からですが、豆まき前に本堂でお祓いを受けるので予定時間より30分ほど早い時間、つまり、10:30分位に通路を通ります。

常連の方はその辺を熟知しているので10:30分頃には既に待機しているようです。

成田山の節分の場所取りはどこがいいの?

地図の緑色の丸印の場所が力士と芸能人が豆をまく場所になります。

この場所は本堂へ続く高い通路になっています。

そこで一行は一列に並んで豆をまくわけです。

なお、成田山新勝寺の本堂では一般人の年男の人が豆をまく決まりになっていますので、力士や芸能人目当ての方は地図上の緑色の丸印付近で待機することをお薦めします。

2回目の豆まきは1回目とどう違うの?

2回目の豆まきは午後1:30分から始まるのですが、1回目とどう違うのでしょうか?

実は1回目に豆をまいた方向と反対側に豆を撒く決まりになっているようです。

ですから、1回目の豆まきは右か左どちらへ撒かれたか知る必要があります。

1回目が右なら2回目は左ということになりますので、2回目の豆まきに訪れた方は近くの人に1回目の豆まきはどちらの方向へ向いて行われたのか早めに聞いておきましょう。

そうすることで、豆が巻かれる方向でスタンバイすることが出来、豆を手にするチャンスが増えることになります。

成田山の節分の動画

まとめ

日本では代表的な新春の行事の千葉県成田山新勝寺の節分会は一度行って見られることをお薦めします。

毎年テレビのニュースで放送されますが、実際に行ってみると芸能人の華やかさと力士の豪快さには圧倒されます。

一年のスタート間もない立春の頃、成田山新勝寺の節分会で心をリフレッシュしてみては如何でしょうか?

スポンサードリンク