ちらし寿しケーキ今回は寿司ケーキの作り方をご紹介しようと思います。

桃の節句のひな祭りのメニューとしては勿論のこと、誕生日やイベント等にも使えるとっても見栄えの良く、お子さんにも大人気のひな祭りのちらし寿しのケーキレシピです。

その上、蟹やいくらなどを使用していますので味も本格的なのですが、青のりとカニの相性が良いので大人でも満足のいく味に仕上がっていますので是非ご家庭で作ってみてください。

スポンサードリンク

ひな祭りのちらし寿しケーキレシピ

ひな祭りのちらし寿しケーキの材料

・炊きたてのご飯:2合
・すし酢(酢:大さじ3杯、砂糖:大さじ1杯、塩:小さじ1杯をよく混ぜたもの):大さじ4杯
・カニのほぐし身:50g(蟹缶など)
・青のり:大さじ1杯
・寿しを型どる容器(18cm×8cm×深さ6cmくらいのもの)

《トッピング材料》
・錦糸卵(卵1個、砂糖小さじ1杯、塩ひとつまみ)
・スモークサーモン
・きゅうり
・サラダ海老
・いくら

ひな祭りのちらし寿しケーキの作り方

1.炊きたてのご飯2合にすし酢を大さじ4杯入れて、さっくりと切るようにまぜ合わせます。混ぜあわせたらご飯を三等分に分けておきます。

2.三等分に分けた内のひとつのご飯に青のり大さじ一杯を入れてまぜ合わせます。

3.同様に別のご飯にカニのほぐし身50gを混ぜ合わせます。のこりひとつに白い酢めしはそのままにしておきます。

4.寿しを型どる容器にすし飯が付かないように軽く水で濡らすか、ラップを掛けておくきます。

スポンサードリンク

そこに、ピンク色のカニのほぐし身を混ぜ合わせた寿し飯を敷き詰めます。次に白い寿し飯を敷き詰めます。そして最後に青のりの寿し飯を敷き詰めます。

そうしましたら、皿の上に返してのせておきます。上からピンク、白、青というきれいな三色のちらし寿しケーキの土台の完成です。

5.次はちらし寿しケーキのトッピングを作っていきます。

まずは錦糸卵を作ります。

卵1個に砂糖小さじ1杯、塩ひとつまみをいれてよくかき混ぜます。大きめのフライパンにサラダ油を薄く敷き、弱火にかけます。

卵液を流し入れて薄く広げるようにして焼きます。端が反ってめくれてきたら裏返して火を止めます。そして、冷ましておきます。

冷めたらお子さんでも食べやすいように細く切ったら寿しケーキの一番上のカニご飯の上に乗せます。

6.スモークサーモンを巻いてバラを作ります。(動画3:05参照)次にきゅうりを斜めに薄く切ってバラの葉を作ります。(動画3:10参照)

7.最後にサラダ海老といくらを飾って完成です。

ひな祭りのちらし寿しケーキの作り方動画

どうですか?見た目もすごい華やかで、子供が「美味しそ~!」などと喜んでいるのが目に浮かぶようです。

コツはいくらがしょう油代わりの味付けになるので、ケチらないでいくらをたっぷりとのせるのがコツです。

また、ピンクのご飯はカニのほぐし身がジューシーでとっても美味しいので、くれぐれも「桜でんぶ」などに変えないようにして作って欲しいと思います。

スポンサードリンク