雛人形3月3日は桃の節句で女の子が毎年楽しみにしている雛人形を飾る日です。

しかし、ひな祭りという言葉の意味合いが分かっていても、「桃の節句」という意味合いを理解している人は案外少ないものです。

そこで今回は「桃の節句」に関してなかなか知り得ないことをご紹介させて頂こうと思います。

桃の節句とは

そもそも「節句」(せっく)という言葉の意味は日本の暦の中で年中行事を行う上での季節の節目と捉えられる日です。節句は全部で5つあります。

折角ですから桃の節句だけではなく全部の節句を季節ごとご紹介します。

1つ目は「人日(じんじつ)の節句」と言い七草粥を食べる1月7日です。七草粥を食べることから「七草の節句」とも言われます。

2つ目は「上巳(じょうし)の節句」と呼ばれる3月3日です。桃の花が咲く時期であることから「桃の節句」と呼ばれます。

桃の節句の始まりは平安時代より古いとされ、元々は京の貴族の子女が健康や厄除けを祈願して遊んだのが始まりだと言われています。

3つめの節句は皆さんよくご存知の「端午(たんご)の節句」で5月5日の現在のこどもの日です。

男の子の成長を祈願した行事を行う習慣があり、この日に菖蒲湯に入ることから「菖蒲の節句」とも言われます。

4つ目は「七夕(たなばた)の節句」と呼ばれて現在は7月7日の日。

最後の5つ目は「重陽(ちょうよう)の節句」と言われ9月9日のことですが、他の節句と比べると行事らしいものは行われていないので知名度は今ひとつというところでしょうか。

桃の節句の料理の意味と由来

桃の節句には定番の料理が出されますがその由来や意味そご存知でしたでしょうか?

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻はひとつひとつ形が異なっているために違う貝殻を合わせてもピッタリと閉まらないのです。

スポンサードリンク

昔はそれを利用した「貝合わせ」という遊びも楽しんでいたようです。

上記の理由などから仲むつまじい夫婦を象徴し、一生一人の旦那様と添い遂げることが出来ますようにという願いを込めて桃の節句の時に頂くようになったのです。

ひなあられ

餅に砂糖をからめて作った和菓子です。一年中無事で過ごせるように桃色、緑、黄色、白と春夏秋冬の四季を表す4色から作られています。

菱餅

菱餅はひし形をしていますがこれは心臓を表しているとも言われます。

厄を避けようとする子供を思う親の気持ちの現れとも言われています。

また、菱餅の緑、白、桃色にもいわれがあり、緑色は大地から連想される「長寿、健康」白色は汚れがないということから「清浄」。

そして桃色は魔除けを意味すると言われています。

白酒

大昔に大蛇を宿してしまった女性が3月3日に白酒を飲むことでお腹の中の大蛇を流産させることが出来たという伝説から、将来に悪い子孫が出来ないようにと願って3月3日に白酒を飲むようになったという説があります。

桃の節句と端午の節句は何が違うの?

桃の節句と端午の節句は双方ともに男女に関係なく行われていました。

しかし、江戸時代あたりから雛人形は女の子。端午の節句の別名の菖蒲という文字の男の子にそれを期待しようとして”尚武”という文字にかけたことにより、男の子の節句となったのです。

まとめ

桃の節句というと昔から耳にはしていましたけれども実際、どういった意味合いがあるのかということを今回初めて知りました。

特に、桃の節句に食される食べ物の意味や由来。そして、節句というものが一年の間に5つあるということ。そして、その意味など・・・。

そういった事を知るだけでも日本の年中行事の体験をより一層充実させてくれるかもしれません♪

スポンサードリンク