だるま市例年、深大寺では「厄除元三大師大祭」が3月3日、4日に執り行われますが、これに合わせて東京都調布市深大寺境内の中では深大寺だるま市が開催されます。

正式名称は「元三大師(がんさんだいし)大祭だるま市」と呼ばれます。

静岡県富士市の「毘沙門天祭だるま市」群馬県高崎市の「七草大祭だるま市」と並び日本三大だるま市のひとつです。

スポンサードリンク

深大寺境内には大小三百を超える縁起だるまが販売されています。

最近では変わりもののだるまも販売されており「招き猫だるま」「パンダだるま」などの小さいお子さんが喜びそうなだるまも多く販売されています。

300を超すだるま店が威勢のいい掛け声で雰囲気を盛り上げてくれます。

また、だるまを購入するとだるまの背中に願い事をお店で書いてくれます。

そして、そのだるまをお坊さんのいる「だるま開眼所」に持って行くとだるまの左目に「阿」(あ)という文字を、願望が成就した時は「吽」(うん)という文字を入れてもらえます。

一年後に願望が叶ったからといって必ずしもお寺に戻す必要はないということですが、だるまがご家庭に福をもたすと言われている期限が1年間なので新しいだるまに買い替えたほうが良いかもしれません。

深大寺だるま市の開催時間と混雑度はどれくらい?

深大寺だるま市は3月3日、4日の2日間しかありませんので早朝から10万人が訪れ非常に混雑します。

開催時間は例年午前9:00から午後7:00までですが、ダルマの開眼を受付けてくれる時間は夕方の5時で終了してしまうので注意が必要です。

だるま開眼所の場所は大師堂前に開設されます。

なお、だるま市期間中は深大寺通りが10:00時から夕方の4:00まで一方通行になりますし、三鷹市方面からは侵入できなくなりますのでなおさら混雑しますので出来ましたら公共機関の利用をおすすめします。

【所在地】東京都調布市深大寺元町5-15-1
【お薦め公共機関】京王つつじヶ丘駅・調布駅より深大寺で下車すればすぐ目の前です。
【問い合わせ先】調布市観光協会 TEL042-481-7184 深大寺TEL042-486-5511

スポンサードリンク

【深大寺周辺地図】

【深大寺だるま市の動画】

深大寺だるま市の駐車場情報

前述したとおり深大寺だるま市が開催される2日間は大変混雑しますので電車などの公共機関がお薦めですが、どうしてもマイカーで行きたい方にアドバイスするなら朝9:30分頃には深大寺に到着するようにして神代植物公園正門の隣の駐車場に停められることをことをお薦めします。


深大寺近辺の神代植物公園の地図

深大寺だるま市の気になるだるまのお値段は?

だるまの値段はだるまの大きさにもよりますけれども、中位の大きさのものでもお店により1,500円とか2,200円とか金額に幅があります。

売り子の人も相手を見てだるまの価格を高めにふっかけてくる場合もあります。

いずれにしても深大寺だるま市は値切り交渉が前提なので、業者側の言い値は高めから始まりますので少しでも安く購入するために多くの店を見てから買うようにしましょう。

まとめ

深大寺だるま市の賑わい具合は、桃の節句とともにテレビニュースで目にする季節の風物詩です。

去年はあまり良いことがなかったから「今年こそは!」とだるまを購入して願をかけられる方も少なくないのではないでしょうか?

300店を超えるお店が軒を並べる光景は見ていても心が踊ります。

新春の日の一日、あなたもこれからの一年を祈願しにだるま市に訪れてみませんか?

スポンサードリンク