小銭を貯金箱から出す男性皆さんは自動車保険に加入されている方が殆どだと思いますが自動車保険といってもいろいろな種類があります。

ディーラーが代理店となって販売している保険もあれば最近スタンダードになりつつあるダイレクト保険も金額が安いという点で非常に人気があります。

そこで、自動車保険を少しでも節約出来る方法はないか?自動車保険に加入する際に忘れてはならないことなどについて調べてみました。

自動車保険の節約には車両保険が必要か考えてみる

車両保険とはあなたの車に損害が生じた場合に保険金を支払ってもらえる保険です。

私も新車を購入してからしばらくは車両保険に加入していましたが、新車を購入して8年ほど経過した時点で車両保険には節約のために加入しないようにしました。

私はネットでダイレクト保険に加入しているのですが確か7年めの申込時の時にパソコンの画面で確認した車両保険の補償金額が40万円ほどしか選べなかったのです。

詳しいことはわかりませんが、減価償却すれば私の中古自動車なんてそれくらいの価値しかないのでしょう。

その割には車両保険を除いた金額とでは2万円ほどの差があるので、走行距離数も10万キロをすでに突破した車だからということもあり、車両保険に加入するのをやめたのです。

ただし、新車などを購入される方は車両保険は加入することをおすすめします。何と言っても補償金額が違いますから・・・。

スポンサードリンク

自動車保険の節約にはダイレクト保険が一番!

自動車保険には自動車販売会社(ディーラー)が窓口の保険とネットなどで申し込むダイレクト保険の2種類があります。

自動車販売会社(ディーラー)の販売する自動車保険は代理店である自動車販売会社(ディーラー)が手数料をとるので、その分保険料が高くなります。

私も新車を購入した時は営業マンから頼まれて一年間だけディーラー系の自動車保険に加入しましたが金額が高かったので2年目からは節約のためにダイレクト保険に乗り換えました。

保険の種類にもよりますがそれだけでも年間数万円節約することが出来ます。

自動車保険の節約で忘れがちなのは特約見直し~そして注意点

自動車保険で家族で同じ保険会社に加入している場合で注意しなければならないことがあります。

それは補償内容の重複です。「個人賠償責任特約」や「人身傷害補償保険」「弁護士費用特約」などが家族の車と自分の車が両方共に加入していないか確認する必要があります。

ちなみに、弁護士費用特約の重複を解消するだけでも車一台で年に3,000円以上節約することが可能となります。

スポンサードリンク

ですから御家族の車が数台あって、いくつかの特約が重複していたら年間で数万円の無駄な出費が出ている可能性があります。

心配な方は直ぐチェックしてみましょう。分からなければ自動車保険の窓口で親切に教えて貰えるはずです。

過失割合がゼロだったら安心?

あなたの車が駐車場などに停車されている状態で他の車から追突された場合は一般的にはあなたの過失割合はゼロつまり10:0になる訳です。

普通に考えれば全然問題無いと思えるはずです。

ところが実は落とし穴があるんです。

もし、あなた又は御家族の方が「弁護士費用特約」という特約に加入してなければとんでもないことに巻き込まれる可能性があります。

どういう事かといいますと、過失割合がゼロの場合にはあなたの加入している保険会社には保険金支払義務が発生しません。

支払い義務が発生しないということは原則的に保険会社は貴方の為には一切動いてくれないということです。

つまり、あなたが直接加害者と交渉しなくてはならないのです。

相手が常識人で金銭の支払いもしっかりしてくれる人なら問題ないかもしれません。

しかし、加害者が一癖も二癖もあるような人間だったらどうでしょう?

あなたの仕事や家事など日常生活に影響が出てくるのではないでしょうか?

「弁護士費用特約」はそういった時のために加入しておく必要があるのです。

「弁護士費用特約」に加入さえしておけば過失割合がゼロの場合でも弁護士があなたの代わりに交渉してくれるので安心です。

なお、家族で同じ保険会社に加入している場合には一人だけ加入していれば他の家族にも補償が及びますので大丈夫です。

まとめ

自動車保険といっても申し込みの項目を見ると本当に多くの項目があり、オプションを全部つけないと不安になる人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、窓口で詳しく聞くことで具体的にどういった場合のためのオプションや特約なのかなどを知ることが出来るようになります。

自動車保険を節約するにはまず知識を深めることです。それにより無駄な出費を減らすことが出来るようになるはずです。

あなたや御家族の自動車保険の節約のために一度しっかりと自動車保険証の項目などをチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク