白い模型の建物最近よく耳にする用になった言葉で「自分探し」といった言葉があります。

雑誌の中でテーマとして取り上げられたタイトルがきっかけでそういった言葉が生まれたという説がありますが定かではありません。

今回の記事は「自分探し」という言葉に注目していろいろと掘り下げて考えてみようと思います。

自分探しとはどういうことか

「自分探し」とはどういったことを指すのでしょうか?

人それぞれ解釈は違うかもしれませんが私なりの考えなどを述べようと思います。

スポンサードリンク

人間は生まれてきて成長するに従い環境などにより自分の立ち位置を知ることにより自分自身を軌道修正しながら教育を受けたりまたは仕事に就いたりして年齢を重ねていきます。

しかしそういった中で「自分はいったい何が望みで生きているのか?」と自分の目標などが分からずに進む道が見えずに立ち止まっている人が少なくないのです。

この記事を読まれている方はこの記事のタイトルの「自分探し」または「自分探し 一人旅」という検索キーワードで検索してくる方が多いと思います。

なので、自分自身の目標が見えなかったり、そもそも自分の存在自体に違和感を感じている方がこの記事に目を通されている前提で記事を書いてます。(ちなみに私は宗教などに入信してません)

そもそも、人間は目標を持たなければならないなんてことはないと思います。

ぼんやり生きていても十分いいんですよ。勿論、人間ですから衣食住が最低限必要なので働くといったことが生きていく上で必須条件となります。

金銭を得る目的で仕事をするのだから嫌いな仕事でもやらなければならない。

しかし、元々自分に合う仕事ではないからいずれ疑問が生じてくる。

そして「自分はこんな生き方をしていて良いのか?」など感じてきたり自分自身がよくわからなくなってきたり・・・。

私も昔は自分に合わないメーカーの営業職をしていました。

ノルマを達成しなければ針のむしろの職場で売上を優先するあまり人として大切なモノを見失っていた時期もあります。

自分はいったい何者か?いったいどんな価値観がある?何を楽しみに生きれば良いのか?

私が勤務している会社は役員から気に入られれば能力は低くとも役職に就くことが出来ます。

反対に能力があってもお世辞を言えなければ認めてもらえないような会社です。

そのようなくだらない会社なので、私は会社の中にはやり甲斐や生きがいは一切求めていません。

けれども私は今、明確な人生の目標を2年前に見つけることが出来たので毎日が幸せです。

無理をして見つけた目標ではありませんし、自然と「こうしたい、こうなりたい。」そう思えたのです。

皆さんも自分の心の奥底に眠っているものがきっとあるはずです。

あなたが自分探しという言葉に興味を惹かれたのは、もしかしたら自分の心の奥底に眠っているそれを無意識に掘り起こそうとしているせいかもしれません。

私が思うに自分探しとは、自分の心の奥底に眠っているものを掘り起こそうとする心の働きではないかと思うのです。

そして、それを掘り起こすには刺激が必要な場合もあると思います。

その刺激のひとつが「自分探しの一人旅」だったりします。

そこで自分探しの旅をするのにおすすめの「静」と「動」を体験できる2つの場所をご紹介します。ちなみに2箇所とも私は体験済みのスポットです。

自分探しの一人旅でのおすすめパワースポット

まず一つ目の「静」のおすすめスポットは日本でも有数のパワースポットです。

パワースポットの中でもかなりパワーが強いらしく、運気が底上げされるというので私は数回訪問しています。

そのせいかどうかはわかりませんが、どん底の生活から這い上がることが出来ました。(その時の話は今回は割愛させて頂きます)

出羽三山神社羽黒山三神合祭殿という祭殿はそこで祈願することで出羽三山である月山、湯殿山、羽黒山に祈願したことになると言われています。

スポンサードリンク

それと同時に強力なパワースポットなのですが風水師によれば強い気の流れは随神門から参道を通り出羽三山神社羽黒山三神合祭殿まで流れてきていることから、車で頂上までは来ないで随神門の前に車を停めて参道を歩いてくればパワーを受けやすいということでした。

【随神門】
羽黒山随神門
随神門から出羽三山神社羽黒山三神合祭殿までの時間は休憩しながらで1時間15分ほどといったところでしょうか?

6分目あたりには茶屋があるので、そこでお団子など食べるのもいいでしょう。

随神門をくぐり階段を落りたところから橋を渡ると、まもなく左手に国宝の五重塔が見えてきます。

【五重塔】
羽黒山五重塔

この五重塔からはかなり荘厳な雰囲気が伝わってきます。この辺が特にパワーが強いと言われているスポットですので、ゆったりと深呼吸をするなりして気を吸収しましょう。

ちなみに私が失業時代にここに来たのは真冬の2月で参道は雪で見えない状態でした。

何者かから見られているような静かで独特な雰囲気の参道を雪を踏みしめながら登ったのも今では懐かしい思い出です。

【名称】出羽三山神社羽黒山三神合祭殿
【住所】山形県鶴岡市羽黒町手向7
【URL】http://www.dewasanzan.jp/publics/index/55/

【随神門から出羽三山神社羽黒山三神合祭殿までの地図】

自分探しの一人旅で空中浮遊を体験してみませんか?

次に自分探しの起爆剤としておすすめしたいのが「空中浮遊」です。

高所恐怖症の人は無理かもしれませんが、自分の奥深くに眠っているものを掘り起こすための「動」としての刺激でおすすめなのが「パラグライダー」体験です。
大空を飛ぶパラグライダー
実質15分ほどの空中浮遊ですが体験したことの無い人なら脳天にドキューンとした刺激がくるはずです。

よく宇宙飛行士が宇宙へ行ってから人生観が変わったという話をされますが、この「空中浮遊」をすることによりそれと似たようなプチ宇宙体験が出来るかもしれません。

何事も迷っているのなら、やらないよりやったほうが絶対いいです。(キリッ!)

人間が高齢になってから人生を後悔するほとんどの原因は「やらなくて後悔している」というのが殆どだといいますから。

ベテラン教員が2人乗りパラグライダーで一緒に飛んでくれるので安心です。

聞こえるのは風の音だけ。町並みや車は小さく見えます。生まれて初めての経験で自分の中の何かが変わるかもしれません。

【名称】ソアリングシステムパラグライダースクール
【住所】山形県南陽市椚塚1970-4
【URL】http://www.d3.dion.ne.jp/~soaring/index.html

【南陽スカイパークの地図】

【出羽三山神社羽黒山三神合祭殿と南陽スカイパークの位置関係】

まとめ

自分探しに興味がある方のために参考になったかどうかわかりませんが、私なりに自分探しに対する考えと自分探しをするのにおすすめな一人旅のスポットを紹介させて頂きました。

簡単に自分探しの結論が出るとは限りませんが、紆余曲折していく過程で何かが見つかるかもしれません。

それが答えでないとしても答えを探せるヒントになるかもしれません。

そのためには脳だけではなく、体を動かし五感で感じることが大切なのかもしれません。

今回の記事があなたが自分探しの旅に出るときの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク