富士山と芝桜富士芝桜まつりは例年4月中旬~5月一杯くらいまで開催されるお祭りです。

約80万株の芝桜が世界遺産の富士山をバックにして盛大に咲き乱れる姿は、芝桜のコントラストもさることながら見事としか言いようがありません。


>>周辺のその他の観光スポットはこちら!<<

そんな富士山麓で行われる春を彩る富士芝桜まつりに行かれる方のために参考になる情報をお伝えしようと思います。

スポンサードリンク

富士芝桜まつりの見頃はいつ頃がおすすめ

富士芝桜まつりは4月中旬ころから行われていますが、芝桜の見頃でおすすめの時期はその年の気候により若干変わる場合もありますけれども、毎年5月上旬くらいから5月中旬くらいが一番の見頃を迎える時期ですのでおすすめです。

咲き乱れる芝桜の種類も6種類と豊富で彩りを添える花の色もピンク、赤、白、紫とバラエティーに富んでいます。

特に展望台に登ると芝桜全体の景色を見下ろせるのでとてもきれいに見ることが出来ますし、富士山も真正面に見ることが出来るのでおすすめです。

>>富士芝桜まつりの会場マップはこちら<<

富士芝桜まつりの会場と駐車場と渋滞情報

【富士芝桜まつりの会場】
山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
富士本栖湖リゾート(本栖湖畔ではありませんので注意してください)
電話:0555-89-2127

【富士芝桜まつり会場周辺地図】

営業時間はAM8:00~PM5:00までとなっています

入園料は中学生以上520円、3歳以上210円です。なお、ペットはゲージに入れていても入園不可なので注意して下さい。

スポンサードリンク

一般用駐車場は普通乗用車が1,000台ほど駐車できますが、混雑時には周辺の臨時駐車場に誘導される場合もあります。

料金は普通車500円、バイク300円です。

駐車場から富士芝桜まつり会場まで徒歩7分ほどで着きます。

通常、河口湖駅から富士芝桜まつり会場までは通常なら30分ほどで着きますが、見頃の時期には1時間以上かかる場合も珍しくありません。

また、新東名高速道路の新富士ICからも139号線は非常に混雑しますので途中から71号線に右折して進んだほうが渋滞を回避できると思います。

詳しいコースは下記の地図を参考にして下さい。

【富士芝桜まつり渋滞回避おすすめコース】

渋滞を回避しながら富士山と芝桜を楽しみたいのなら、早朝にまつり会場に到着することをおすすめします。営業時間は朝は8:00からということになっていますが、混雑時には朝6:00ころから駐車場にも入れるらしいのです。ですから、訪問する前日に富士本栖湖リゾート電話:0555-89-2127に連絡して様子を聞いてみることをおすすめします。

富士芝桜まつりでのランチはどうする?

会場内ではレジャーシートを敷いて食事をすることは禁止されていますので注意が必要です。

富士芝桜まつり期間中には富士山周辺のおいしい店が出店する「富士山うまいものフェスタが開催されていますのでランチを心配する必要は全く心配いりません。

吉田のうどんや桜エビラーメンなどを初めとしたバラエティーに富んだメニューが数多くありますので何を食べようか考えるだけでも楽しいのではないでしょうか?

また、富士芝桜まつりでしか買えない限定品から地元の農産物を売るお店もありますのでお土産選びも困ることはありません。

【注意】:上記データや金額は調査時点のものを記載しています。利用する際は各自事前に確認するようにして下さい。

まとめ

どこの観光地でもそうですが、週末やゴールデンウイーク中は非常に混雑しますし、場合によっては駐車場も満車になりさらに渋滞が発生することも予想されます。

なので渋滞を避けるには早い時間に訪れることをおすすめします。また、富士芝桜まつり会場は高原にありますから寒さ対策は十分にしておいたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク