布団におねしょした女の子おねしょや夜尿症で悩んでいる親御さんは多いのではないでしょうか?

勿論、本人が一番辛いのでしょうけれども布団を干したり、洗濯をしなければならないとか家族の負担を考えると結構大変なのが「夜尿症」です。

そこで、夜尿症はどのような原因で起こるのか?そして対策や医療機関で行われている治療法など紹介します。

スポンサードリンク

夜尿症になる子供の原因って何だろう?

まず最初に「おねしょ」と「夜尿症」の違いについて確認しましょう。

小学校に入学する前は「おねしょ」と呼び入学後は病気と考え「夜尿症」と呼ぶのです。

「おねしょ」や「夜尿症」はどういった原因で起こるのでしょうか?

夜尿症の原因①尿の量と膀胱の大きさのアンバランス

ひとつの原因として考えられるのは、夜眠っている間にできるおしっこの量と、そのおしっこを貯蔵しておく膀胱の大きさのバランスが悪いという理由が考えられます。

一般的には成長過程で見られる場合が多く、成長するに従って作られる尿の量と膀胱の大きさのバランスが良くなり自然と治ります。

夜尿症の原因②抗利尿ホルモンが少ない場合

「抗利尿ホルモン」という物質が脳内から分泌されているのですが、この物質は一般的には日中に分泌される量が少なく、夜間には多く分泌されます。

普通の子供なら夜間には「抗利尿ホルモン」が増えることにより、尿の量が少なくなるのですが、「夜尿症」ですと夜間でも抗利尿ホルモンの分泌が少ないので尿量が増えて結果おもらしをしてしまうのです。

夜尿症の原因③ストレス

両親の喧嘩や学校でのいじめなど精神的にストレスが強まるような場合には夜尿症になる場合が多いのです。

ストレスにより抗利尿ホルモンの分泌が少なくなってしまうことで発症します。

夜尿症に子供がなってしまった時の対策は?

小学校になっても夜尿症が治らない場合で多く見られるケースは、おもらしをしたことで両親に怒られる ⇒ ストレスを感じる ⇒ ストレスにより抗利尿ホルモンの分泌が減る ⇒ 夜間の尿量が増える ⇒ おもらしをする。この悪循環のスパイラルになっているご家庭が多く見受けられるようです。

ですからご家庭でできる夜尿症対策としては、おもらしをしたからといって怒ってはいけないということです。怒ることで逆効果になってしまいます。

また、日中におしっこを我慢させるのも効果的です。おしっこを我慢させることにより膀胱を大きくすることができるからです。

ただし、我慢のしすぎは腎臓に悪影響を与えるので無理しない程度にしておきましょう。

スポンサードリンク

なお、夕食は睡眠の最低3時間前までは済ませるようにして水分は控えるようにしておきましょう。水分摂取は朝とお昼は多めで夜は少なめということを肝に銘じておきましょう。

ところで夜尿症は中学生頃までは自然と治る場合が多いのですが、中には20歳頃まで症状が続く場合もあります。

夜尿症の自然治癒率は一年歳をとるごとに10~15%くらいと言われています。

しかし、医療機関で治療をすることにより治癒率は二倍から三倍程度高くなると言われていますので、夜尿症を真剣に悩まれているならば一日も早く医療機関に受診することをおすすめします。

受診する際は「夜尿症外来」がおすすめですが、下記のリンクから近所に無いか調べて見て下さい。近くになければ「小児科」または「泌尿器科」でも大丈夫です。

>>夜尿症学会会員一覧<<

夜尿症の子供の治療方法にはどんなものがあるの?

夜尿症の治療には大きく分けて「薬物療法」と「アラーム療法」があります。

抗利尿ホルモン薬

夜尿症の子供は夜間に抗利尿ホルモンの分泌が少なくなるためそれを補うお薬です。

この薬の作用により夜間の尿量を減らすことが出来ます。なお、このお薬は内服薬と点鼻薬の2種類があります。

抗コリン薬

膀胱が尿を蓄えられる量を増大させる働きがあります。ダムの働きをする膀胱機能を安定させるお薬です。

抗うつ薬

暗い気持ちを改善してくれる作用と抗利尿ホルモンの分泌促進作用と抗コリン作用も持ち併せています。

アラーム療法

眠っている間における排尿抑制訓練を目的として行われている療法です。

下着にセンサーを付けることでおもらしをするとセンサーが感知してアラーム音が鳴ります。

その音に気づいて子供は目を覚ます訳です。そしておしっこを止めようとします。

つまりおアラームで目を覚まし、おしっこを我慢する過程で膀胱の容量が大きくなることを期待した療法なのです。おねしょ予防のための療法ではないのです。

まとめ

夜尿症の悩みはご家族でなければ本当の辛さは理解できません。

私自身も小学校5年生くらいまではおねしょをしていました。

理由は今思えば両親の仲が悪く家庭内が荒れていたのが原因だと思います。(中学校1年生の時に両親は離婚しています)

子供は色んな悩みを小さな体に秘めながら毎日一生懸命生きています。

おねしょをしたとしても悪気はないのですから暖かく見守ってあげてください。

いずれきっと治りますから。 (^^)

スポンサードリンク