保育士さんのイラストお子さんが保育園や幼稚園に入園する年齢になると「こんなに大きくなったんだな~」と感慨深く思っていらっしゃる親御さんも多いことでしょう。

ところが喜んでばかりはいられません。

入園するのが第二子だったり、近くに頼れるお友達がいるママでしたら心配なく入園式を迎えられると思いますが、初めてお子さんが入園するママで近くに頼れるママ友がいなくて不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

そのような方のために入園前に知っておきたい準備しなければならない物や服や道具への名前の入れ方。そして手作りが苦手なお母さんへのアドバイスを記してみました。

スポンサードリンク

入園前に準備するものは何なの?

入園時に準備しなければならないものを保育士さんから聞いてみました。

乳児と幼児の場合に分けて紹介します。

【乳児の場合】
1.おてふき
2.おしぼり
3.エプロン(お薦めはビニール製などはっ水性があるもの)
4.パジャマ(夏は半袖・冬は長袖など)
5.お布団セット(掛け布団・敷布団・毛布・タオルケット)
6.通園用かばん
7.着替え上下、シャツ何枚か
8.オムツ・トレーニングパンツ・トレーニングパッド
※スモックやお帳面などは園での準備になると思います。

【幼児の場合】
1.お手拭タオル
2.歯ブラシ・コップ
3.パジャマ
4.お布団セット
5.着替え用の服やパンツ
6.通園用のカバン
※スモックや文房具は園での準備になると思います。

入園準備品に名前を入れる場合はみんなどうしてる?

衣類に関してはマジックペンなどで記入するのが一番簡単でお薦めです。

ただし、色の黒っぽいものにマジックペンで記入しても見ずらくなってしまいますので、そういった場合には
NEWフロッキーネーム【期間限定セール中】60枚 3色セット フロッキーネーム お名前シール アイロン転写 アイロンシール フロッキープリント お名前フロッキー 入園準備 入学準備がお薦めです。

ただし、最初にアイロンを当てる時につけ方が甘いとすぐ取れます。でも、ちゃんとアイロンを当てておけば取れることはまずありません。

白と黒のものがあれば、どんなものにも名前付けられますからとっても便利ですよ♪

ちなみに、子どもの力ではむしりとることは無理ですね。大人の力でも取るのは難しいです。

スポンサードリンク

次にお薦めしたいのが「名前スタンプタイプ」のものです。

それがこちらです。

3〜4営業日以内に発送予定(日祝除く)保育園・幼稚園の入園から小学校卒業まで長く使えます!…
文房具類やノートなどの名前入れには最適です。

最初は数千円かかりますが、小学校に進学しても使えますのでお薦めです。

また、濡れて困るお弁当箱などの名前入れでお薦めなのはキングジム(KINGJIM) テプラ 本体【最大500円OFFクーポン配布中】ラベルライター「テプラ」PR…こちらです。

一度貼り付ければ多少の水濡れでも剥がれることはありません。

入園準備品で手作りしなければならない時は型紙を使えば便利です

手作りが得意なお母さんなら問題ありませんが、中には裁縫が苦手というお母さんも少なくありません。

そこで、裁縫が苦手なお母さんのために入園準備品で手作りしなければならない時はどのようにしたらいいのかご紹介しようと思います。

バッグなどを手作りする場合には型紙を最初に作っておきます。

最初に紙に型紙を作って縫い代をつけて、それから切り取ります。

そして、それを紙に真っ直ぐ乗せて重しをして、その型の通りに生地を切ります。

この様にすれば生地が斜めに曲がって失敗したということはありませんし、記事にペンなどで線を引かずに済みます。

バッグ以外に園側から手作りを求められるものとして多いのは「ひも付きタオル」です。

この場合園側から手縫いかミシンで名前を縫いつけて来るようにといった注文がある場合でも、下記のように仮縫いとアイロンを併用すれば簡単にできます♪

まず最初にタオルに紐を仮縫いして3~4針で縫います。

次に名前テープを上に置いて周囲をグルリと縫います。そして仕上げにアイロンがけをすれば出来上がり。

また、裁縫が苦手なお母さんにお薦めしたい本がRick Rackソーイング基礎BOOK です。

レビューを見て頂いてもお分かりになると思います。とても分かりやすいので裁縫が苦手な方でも一冊あれば簡単に洋裁が出来るようになると思います。

まとめ

初めてお子さんが入園する時はお母さんは本当に不安だと思います。

そんなお母さんの少しでも手助けになれたらなと思って今回の記事を書いてみました。

困っているお母さんの参考になったら嬉しいです。

スポンサードリンク