新幹線新幹線や電車などを利用して旅行に出かける場合各JRの「トクトクきっぷ」などを利用すると非常に格安で旅行を楽しめます。

でも、そういったサービスの適応のないエリアが多いのも事実です。

そういったエリアであっても少しでも安く新幹線を利用できる方法はないか探してみました。

新幹線の料金を少しでも安くするにはどの様な条件になれば往復割引適用になるかなど計算方法などを理解する必要があります。

また、お得な往復切符を購入したとしても旅行日程と往復乗車券の有効期間がズレたりすると意味が無くなります。

更に新幹線の往復きっぷに学割の適用があるかなど調べてみました。

スポンサードリンク

新幹線の料金の往復割引の計算方法をご存知ですか?

まず最初に確認なのですが新幹線の料金の往復割引が適用になる場合において、割引になるのは「乗車券」であって新幹線に乗車するための「特急券」は割引適用外になります。

指定席、自由席に関わらず特急券には割引にはなりません。割引対象になるのは「乗車券」のみです。

このことを頭に入れてから往復割引の計算方法に進むとしましょう。

新幹線の料金の往復割引の計算方法

例えばA駅~B駅間の往復乗車券を利用する場合において、片道の営業キロ(鉄道等で、キロメートルを基礎としている運賃を計算する際に使用する距離の単位)が601km以上ある場合に限りA駅⇒B駅、B駅⇒A駅の往復分それぞれが1割引になります。

【乗車券往復割引の具体的計算方法】

A駅~B駅間の片道の距離が823.5kmの場合、小数点未満の端数を切り上げて824kmとして計算します。

これを、下記の表に当てはめると運賃は11,120円で10%割引すると10,008円で1円単位を切り捨てて10,000円になります。

ですから往復割引運賃は10,000円×2=20,000円となります。新幹線利用の場合それに特急券(自由席・指定席)の料金がプラスされるわけです。
>>JR普通運賃表はこちら!<<

スポンサードリンク

ただし、利用区間に新下関駅~博多駅間を含む場合には特例が適用されますので、その場合には下記のリンクに特例内容が記載されていますのでご確認下さい。
>>特例料金参照の確認はこちら!<<

新幹線の料金の往復割引切符の有効期間はどれくらい?

せっかく往復割引切符を購入したとしても注意しなければならないことが有ります。

それは新幹線を利用する距離によって切符の有効期間が異なってくるのです。

ですから新幹線を利用して往復割引切符を購入して旅行に出かける際には新幹線の営業キロを確認することが大切です。

ちなみに、営業キロ1km~100kmまでは有効期間は1日。101km~200kmまでは有効期間は2日。201km~400kmまでは有効期間は3日。

401km~600kmまでは有効期間は4日。601km~800kmまでは有効期間は5日。801km~1000kmまでは有効期間は6日。

1001km~1200kmまでは有効期間は7日。

これより長距離の情報も含めて詳しくは下記URLを参照して下さい。
>>切符の有効期間はこちらで確認!<<

新幹線の料金は学割だと往復割引でも更に安くなるの?

JR側から指定を受けている各種学校、専修、大学、高校、中学の学生の方で片道の営業キロが101km以上の場合に運賃が2割引きになるのです。

実はそれが「往復割引」と併用できるのです。

どういうことかと言いますと、上記の例でA駅~B駅間の片道の距離が823.5kmの場合、小数点未満の端数を切り上げて824kmとして計算します。

そうすると運賃は11,120円で10%割引すると10,008円で1円単位を切り捨てて10,000円になります。それから更に10,000✕0.8=8,000円となり往復料金は16,000円となります。

つまり、学割を利用すれば往復割引は通常料金よりも約3割ほどお得になるわけです。(なお、学割の場合には10円未満の数は切り捨てて計算します。)ですから、学割を利用すれば更に往復割引を安くすることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新幹線で長距離旅行を楽しもうと思われている方、もしくは学割利用で新幹線の往復きっぷを利用しようと思われている方は紹介させて頂いたようにお得にJRを利用できます。

紹介させて頂いた往復割引やトクトクきっぷなどを積極的に利用してお得な旅をして頂けたならと思います。

スポンサードリンク