父母と子供でのドライブのイラスト自動車を購入する場合のひとつの選択肢として多く利用されている残価設定型クレジットというものがあります。

最近では知名度も高くなり、略して「残クレ」と呼ばれます。

しかし、「残クレ」とはどういったシステムなのか?本当に得なのか?詳しく知っている人は案外少ないようです。

事前準備なしでカーディーラーに行ったりすると、営業マンの一方的な説明で100%納得しないままに契約してしまう人も少なくないかもしれません。

そこで、「残クレ」を利用するのに向いている人は、どのような車の使い方をする人なのか?

「残クレ」のデメリットはどういう点があげられるのか?などについてお話させて頂こうと思います。

スポンサードリンク

残クレってどういった仕組みなの?

まず最初に残クレとはどういったものなのか説明しようと思います。

まず、あなたが100万円の車を残クレで購入しようとする場合に、ディーラーの営業マンが提案してくる案としては次のようなものが多いと思われます。

なお、残価設定金額や返済期間は契約内容によって変えることが出来ますので、下記の例はひとつのケースとして参考にして下さい。

【例:300万円の車を購入する場合の残クレ内容】
・車両本体価格300万円
・頭金90万円(車両価格の30%の場合)
・残価設定価格120万円(車両価格の40%の場合)
・返済期間3年(4年コース、5年コースもあるようです)

そうしますと、車両代金300万円-頭金90万円-残価設定金額120万円=90万円となり、90万円を3年払いなら35回分割で支払っていくことになります。

つまり25,714円(利息は含みません)を毎月35回まで支払っていくことになります。

ここで注意なのですが3年払いなら12ヶ月✕3年で通常36回となります。

残クレは名の通り「残価設定」ということで、最終の36回目の支払いを上記の例では120万円と設定していますので、36回目(支払い最終回)の時に

①残価設定金額の120万円と利息を支払って現在乗っている車を購入する。

②新しいクルマに乗り換える。

③車を返却する。

上記の①~③のどれかを選ぶのです。

原則的には②、③を選ぶ場合には36回目(支払最終回)の支払金額はゼロになります。

これが残クレのおおまかな説明です。

ちなみに、頭金やボーナスが無くとも残クレは出来るようです。ただし、その分残価設定金額が増えますので金利負担と月払い額が増えることになります。

スポンサードリンク

残クレのデメリットとは?

上記の例で原則的には②、③を選ぶ場合には36回目(支払最終回)の支払金額はゼロというケースが多いようです。

ただし、あくまでも原則であり例外もあります。

それはどういったものか見てみましょう。

1.車両の返却時における車両の走行距離数が約定値を超えている場合には支払い義務が発生する場合があります。

一般的な残クレの契約では月の走行距離数が1,000km程度に設定されているようですので、それ以上距離を走るようでしたら残クレには向いていないかも知れません。

2.返却する場合の「買取保証」があったとしても、事故などの損傷または修復歴がある場合には別途支払義務が発生する場合がある。

このような理由により残価設定型クレジットを契約する時には車両保険に加入するように営業マンから薦められるケースが多いのです。

残クレの契約をする際には万が一事故が起こった場合のことを想定して、良く契約内容に目を通すようにしましょう。

3.最終支払日(36回目)の選択肢のひとつである残価設定価格にも利息が課せられるために、金利負担が大きい。

解りやすく言えば、残価設定金額は1~35回までの支払いには残価設定金額は除外されているのですが、残価設定金額分の利息は含まれているのです。

4.返却時に車の査定金額が残価設定金額より高くついたとしても知識がないと自動車の評価プラス分がもらえません。

これは普通気がつかない人が多いのです。残クレは最終支払日に3つの選択肢があるということは先程も述べました。

③の「車を返却する」を選んだ場合、返却時の自動車の査定を業者に見積もって貰えばいくらで売れるのかが分かります。

上記の例では残価設定金額が120万円でしたが、査定金額が140万円だった場合でも単に返却したのでは差額の20万円は貰えません!

差額分の「利益」を手にするには、一旦残価設定金額の120万円と利息を支払って購入します。そのうえで査定してくれた業者へ売り渡すのです。

このようにすれば差額の金額を手にすることが出来ます。

まとめ

残クレはあなたの車の利用次第でメリットがあったりデメリットがあったりするシステムです。

車に装飾品を取り付けて楽しみたい人や走行距離数が多い人には不向きで、主に近所での買い物中心などで使用する人に向いているように思います。

この記事があなたが残クレを利用する時の参考になれば嬉しいです。
【類似記事】
残価設定型クレジットのデメリットってなんだろう?

スポンサードリンク