シミの手入れをする女性シミの原因といえばすぐ頭に浮かぶのが「紫外線」ですよね?でも、紫外線以外でもシミの原因になるものは沢山あります。

まず最初に、紫外線によりシミがどの様に出来るのか?を説明させて頂いた後、、紫外線以外のシミの出来る原因である、ストレスや化粧品などの注意すべき使用方法などについて説明させて頂こうと思います。

スポンサードリンク

シミの原因は紫外線以外にも沢山あります

シミの原因は紫外線以外でも多く見受けられます。しかし、シミの原因の代表的な紫外線を例にとって、シミの出来るメカニズムをまず最初に説明します。

皮膚の細胞は表皮細胞と色素細胞から形成されています。その、一番下にあるメラノサイトという色素細胞がシミのもとになるメラニンを生成します。

肌の表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトに信号が送られることにより、メラニンという色素が生成されます。

そして、メラニンはメラノソームといわれる部分に蓄積されます。

メラニンで一杯になったメラノソームは、メラノサイトの先から表皮細胞に渡され、ここでメラニンが出現します。

メラニンは表皮細胞内にたまって、紫外線を吸収して細胞核を守ります。

なお、長時間紫外線を浴びることにより、メラノサイトの数が増えてメラニンが多く作られるようになります。

加齢や紫外線、ストレスなどによりターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンも表皮に留まるようになります。

 多く生成されて新陳代謝が悪くなってしまい、なかなか消えていかないメラニン。これが、シミの正体なのです。 

以上が、紫外線によるシミが出来るメカニズムなのですが、シミは紫外線以外にも原因は多くみられるのです。それを、これからご紹介いたします。

シミの原因がストレスの場合も最近多く見られます

現代社会ではストレスを抱える方が非常に多いと思われます。

シミの素となるメラニンを作っている細胞にメラノサイトというものがありますが、この細胞は神経に深く関係しているといわれています。

つまり、ストレスによりメラノサイトに直接影響をおよぼすことによりシミが悪化する場合も考えられるのです。

スポンサードリンク

また、日常生活によるストレスにより、シミが発生してしまうと今度は「2次的ストレス」というストレスに悩まされることになります。

どういったことかと言いますと、シミが発生してしまったという①シミがあるということのストレス。

そして、そのシミがなかなか良くならないといった、②治らないことに対するストレスです。

ですから、自己判断で自分で治そうとせずに、皮膚科などの専門医で診察して貰うことが大切だと思います。

例えば、一口にシミと言っても「老人性色素斑」と「肝斑」といったものでは治療方法が根本的に異なりますから、自分のシミの病名を正確に知る必要があるのです。

老人性色素斑に対して肝斑の治療をしても治りませんし、その逆もまたしかりです。

間違った治療方法は「全然治らない!」といったストレスを増加させるのです。ですから、一日も早く専門医に診てもらうことが大切なのです。

シミの原因が化粧品にあることも?

紫外線吸収剤がシミの原因になるということはご存知でしょうか?

紫外線吸収剤が含まれている化粧品も少なくありません。

紫外線吸収剤にはテトラヒドロキシベンゾフェノン、オキシベンゾンスルホン酸ナトリウム、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンなどがあります。

「紫外線吸収剤」と聞くと、素人考えでは、紫外線を吸収して人体の味方になってくれる物質。なんて思っていませんか?

ところが、紫外線吸収剤は「殺菌防腐剤」や「酸化防止剤」と同様に毒物の仲間である場合がほとんどなのです。

紫外線吸収剤はシワやシミの原因になると言われています。

ちなみに、「UVカット乳液」には紫外線吸収剤が含まれているものがほとんどです。

ですから、UVカット乳液を使用する場合には、上記の紫外線吸収剤が配合されていないか?チェックした上で使用するようにしましょう。

まとめ

シミといえば紫外線が原因と考えるのがお決まりのパターンですが、調べてみると他の要因でしみになる人も多いのです。

この記事を見て頂いて、自分のシミがどういったシミなのか?また、使用している化粧品の中に紫外線吸収剤があるか?などを再確認して頂いて、シミの改善に役立てて頂けれるように願っています。

スポンサードリンク