マンションの光景皆さんはアパートとマンションの違いってご存知でしょうか?私は今まで漠然とした印象でしか認識していませんでした。

例えば、2階建てくらいまでの集合住宅をアパート。3階以上の集合住宅をマンション。のような感じで、明確な違いは分からない状態でした。

そこで、アパートとマンションの違いとは何か?ということから、防音構造で優っているのはどちらかという疑問や、アパートやマンションを経営する場合に考えなければならない留意点などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

アパートとマンションの違いは何なの?

そもそも、アパートとは「apartment house」の略で、1棟の建物の内部を仕切って、各々独立した住居として賃貸を目的としたものを表した物件を指します。

マンションは英語では「豪邸」といった意味なので、日本で使用されている「マンション」とは大分意味合いが変わってきます。

なので、下手にアメリカ人に対して、私が住んでいるのはマンションです。などと話すと、ジョークを言っていると思われるか、失笑される可能性があります。

ところで、アパートとマンションの違いとは一体何なのか?私の知人が不動産会社に勤めているので、聞いてみたところ、意外な返事が返ってきました。

「日本において、アパートとマンションの明確な規定は存在しない」ということだそうです。

そもそも、不動産会社が目新しさを出そうとして「マンション」と命名したのが始まりらしいです。

ですから、アパートかマンションか決定されるのは、命名権者(大家さん)によるのです。

ただし、不動産業界では、木造や軽量鉄骨造の2階建ての準耐火・低層物件をアパートと呼び、鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの3階建て以上の耐火構造のものをマンションと呼んでいるそうです。

この考えは、知人だけではなく、ネットで関連情報を見ても同様な認識が殆どのようでしたので、アパートとマンションの違いは、この認識で間違いないようです。

アパートとマンションの違いと防音効果の関係は?

アパートとマンションの比較で、防音効果が高いのはマンションの方だとは一概に言えません。

理由は前述したとおり、アパートとマンションの違いの基準がはっきりとしていないからです。

スポンサードリンク

しかし。賃貸マンションはともかく、分譲マンションなどは比較的壁が厚い物件が多いようです。

物件を販売する側は、壁を厚くすると部屋が狭くなりますので、出来るだけ広い部屋にするために、隣との壁は薄いほうがコスト的に良いわけです。

そういった理由から、賃貸用マンションは販売用マンションと比較するとコストパフォーマンスの面から、壁が薄いようにも思われがちです。

しかし、販売用のマンションを賃貸形式に変更して賃貸される場合も多いようなので、そうとも言い切れません。

結局、設計図を建築士などに診てもらい判断するか?現地に赴いて、実際に様子を見て防音効果の有無を判断するしかありません。

アパートとマンションの違いにおける経営の留意点

アパートとマンションを賃貸経営する場合において、どのような違いはあるのでしょうか?

マンション経営もアパート経営も同じ貸家業です。ただし建物の構造が違いますから、当然維持管理なども異なってきます。

マンションを1棟所有して賃貸する場合とアパート1棟所有して賃貸する場合とでメリットやデメリットを比較してみると、以下のようになります。

※1棟買いを想定した場合

【アパートの場合】
・購入価格がマンションより安い
・家賃が安い
・修繕費用が高く付く
・減価償却期間が短い
・管理費が安くて簡単
・建て替えが簡単

【マンションの場合】
・建物の価格が高い
・家賃が割高
・管理費が高い
・メンテナンスの周期がアパートよりも長い
・長期賃貸が可能

いずれにしても1棟買いは相当の資金が必要となります。

また、一般的に言われている事ですが、自己資金は30%以上必要だと言われていますので、それなりの金額を用意しなければなりませんが、賃貸物件は相続税対策にも有利ですので、資金に余裕があれば是非、運用したいものです。

まとめ

結局、アパートとマンションの違いに関して、日本では明確な基準がないのです。

所有者が○○アパートと命名すればアパートに。△△マンションと名付ければマンションになる訳です。

ただし、不動産取引上、木造や軽量鉄骨造の2階建ての準耐火・低層物件をアパートと呼び、鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの3階建て以上の耐火構造のものをマンションと呼んでいる。

以上のようなニュアンスでアパートとマンションの違いを認識して頂ければ、間違いないと思います。

スポンサードリンク