菖蒲湯端午の節句である5月5日に菖蒲湯に入浴するご家庭も少なくないのではないでしょうか?

銭湯でも5月5日には菖蒲を束ねて浴槽に入れているのをよく見かけました。それを目にすると、仕事に追われる毎日であっても「今日はこどもの日なんだなぁ」と思ったものです。

そんな「菖蒲湯」の意味や由来、そして効能や効果及び入り方などについてご紹介します。

スポンサードリンク

菖蒲湯に入る意味や由来をご存知ですか?

日本では、五月の田植えをする前に「葺籠り」といって、男性が家を出て、女性が家に閉じこもり、汚れを祓って身を清める儀式がありました。

また、中国においては五月五日に蓬(ヨモギ)で人形を作ったり、菖蒲をを入れたお酒を頂く習慣がありました。

日本における端午の節句は、この二つが一緒になったものと考えられています。

鎌倉時代になると武家社会となりましたが、菖蒲の葉の形が刀に似ていることや、武事を尊ぶ意味である「尚武(しょうぶ)」と菖蒲(しょうぶ)が同じ読みであることから、菖蒲の時期である端午が男子の節句になったのです。

そして、先程も述べましたが、菖蒲の葉が刀と似ていることで「邪気を払う」。

また、菖蒲の独特の香りが「穢れを祓う」と考えられ、端午に節句には菖蒲湯に入る習慣が出来たと考えられています。

菖蒲湯の効果や効能そして入り方とは?

菖蒲湯の効能や効果とは

菖蒲の成分には「オイゲノール」、「アザロン」といった精油成分が含まれています。

ちなみに、精油成分というのは、エッセンシャルオイルといった名称でも呼ばれているもので、植物の花や茎および根などから抽出される天然成分を指します。

特に菖蒲の根には精油成分が一番多く含まれています。

ちなみに、菖蒲に含まれている「アザロン」や「オイゲノール」が肌の内部に浸透することで、毛細血管が拡張して血行が盛んになり、肉体疲労の解消が期待できます。

また、菖蒲の独特の香りは精神をリラックスさせる働きがあると言われています。

スポンサードリンク

菖蒲湯の作り方や入り方

菖蒲はお花屋さんか八百屋さんで売っています。

最近では菖蒲湯に入るお宅が減ってきていることもあって、仕入れ量も少なく、5月5日の当日には売り切れる場合もありますから、出来れば、前日までに用意しておきましょう。

菖蒲に含まれている精油成分は乾燥すると少なくなってしまうので、乾燥させずにそのまま使用します。

一般的には菖蒲を束ねて浴槽に浮かべてお風呂に入るケースが多いようですが、それでは菖蒲内に含まれている精油成分が十分に浴槽内に抽出できません。

せっかく、菖蒲湯に入るわけですから、菖蒲の成分を存分に堪能しましょう。

【濃厚菖蒲湯の作り方】

①精油成分を効果的に楽しむために、なるべくなら入浴する直前に菖蒲を切ります。

②手に入れた菖蒲の半分を包丁などで1~2cmほどに細かく切り刻みます。根には一番多く有効成分が含まれていますので、菖蒲の根も忘れずに使用して下さい。

それを、布の袋などにいれて、風呂桶などに入れて、そこに熱湯を入れて10分ほど放置したままにして菖蒲の成分を十分抽出します。

③10分ほど置いたお湯と菖蒲が入った袋ごと浴槽に入れます。

④全部切り刻むと、菖蒲湯としてビジュアル的風情が無くなりますので、残りの半分は、二つ折りにして軽く紐などで結んで浴槽に浮かべます。

以上のようにすれば、菖蒲湯を存分に楽しめるのではないでしょうか?

菖蒲湯に入る時に頭に巻くのは何故?

菖蒲の葉を頭に巻くと頭が良くなるといわれており、お腹にまくと病気をしなくなるといわれています。

詳しい由来はわかりませんが、私も幼少期に菖蒲を頭に巻きつけられた記憶があります。

頭に巻きつけるときは自分ではなく、お父さんかお母さんに巻きつけてもらい、その時に「頭が良くなりますように!」と声に出して言うと願いが叶うとかいう人もいますが、事の真意は果たしてどうなんでしょうか?

最後に

菖蒲と非常に似ている植物として「花菖蒲」というものがあります。

中には勘違いをして、花菖蒲の葉を浴槽に入れる人もまれにいるそうです。

花菖蒲はアヤメ科で菖蒲と違って花が綺麗ですから、観賞用に公園などに植えられているものです。菖蒲湯に使用する菖蒲は観賞用ではありませんので、くれぐれも間違わないようにしてくださいね。

スポンサードリンク