歯磨きをする女性最近、重曹で歯磨きする人が増えているって話を耳にしました。

そこで、重曹での歯磨きはどんな効果があるのか?危険性はあるのか?注意点は?そして、重曹で歯磨きする時のやり方などをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

重曹の歯磨きはどんな効果が期待できるの?

一般的に言われていることですが、虫歯予防には甘いものはなるべく避けるのが一番と言われています。

それは、甘いものを沢山食べることにより、口の中にいる虫歯菌が糖分を食べて酸を出します。

その酸により口内が酸性になり、虫歯になりやすくなるのです。

一方、重曹は「弱アルカリ性」です。弱アルカリ性の重曹で歯磨きをすることで、虫歯になりにくい口内環境を保つことが期待できます。

また、重曹には研磨作用と吸着作用があるので、歯の落ちにくい汚れを取る効果が期待できます。

重曹で歯磨きする場合の危険性や注意点は?

重曹は、お掃除にも用いられるように、研磨作用があります。

この超微粒子の研磨作用により、歯の汚れを落としやすくするホワイトニング効果があると言われていますが、歯を磨くということは、同時に歯ぐきも磨いているわけです。

 歯はエナメル質ですので傷が付きにくいですが、歯ぐきは傷つきやすいので、歯を磨く時には注意が必要です。 

特に歯ぐきなどに口内炎がある場合には、重曹は使用しない方がいいでしょう。

スポンサードリンク

また、ある歯科衛生士さんが重曹歯磨きを使ってみた感想を語っているブログを拝見したのですが、刺激が強すぎる感じがして、トラブルが起こる可能性もあるのではないか?また、赤ちゃんや小さな子供は避けたほうが無難だとおっしゃっていました。

しかし、自分自身では一日に一回は使用していくつもりだそうです。

また、使用する時の注意点も話しておられます。

それは、重曹を歯磨きに使用することで、普通に磨いた場合でも歯茎がひりひりしそうな感じがするので、重曹で歯磨きする場合には、柔らか目の歯ブラシを使用して、優しくブラッシングすることが大切だとおっしゃっていました。

みなさんも重曹で歯磨きをする場合には、重曹の量は少なめから始めるようにして、柔らかめの歯ブラシで、優しくブラッシングするように心がけて下さい。

重曹の歯磨粉の作り方

重曹には「工業用重曹」と「食用重曹」があります。

重曹で歯磨粉を作る場合には、「食用」の重曹を使用するようにして下さい。

重曹はそのまま粉の状態で歯ブラシに付けて歯磨きをしても問題はありませんが、人によっては刺激が強すぎる場合もあるかもしれません。

そのような時にお薦めなのが自分で作る「重曹歯磨き粉」です。

用意するものは重曹30gに対してグリセリン17gを混ぜて作ります。爽快感が欲しい場合には、メントールかハッカ油を少々加えます。

重曹をマイルドにする目的だけでしたら、グリセリンを加えるだけで十分だと思います。

重曹だけのブラッシングでは刺激が強すぎると思われた方は試してみてはいかがでしょうか?

最後に

重曹を使用した歯磨きは個人差もあり、合う合わないといった声もあるようです。

口内炎や歯茎の腫れなどの異常が見られた場合には、、速やかに使用を止めることも大切です。

スポンサードリンク