結露している窓除湿機を買ったのに、除湿しない。タンクに水が溜まらない。などの経験をされた方は多いと思います。

除湿機の機能比較から除湿機の効果的な使い方をご紹介しようと思います。

【関連記事】
梅雨時に洗濯物が臭いのは?対策と劇的に乾かす為のエアコン利用法
エアコンのフィルターは掃除しないとダメ?頻度は?重曹で簡単キレイ
除湿機と衣類乾燥機の電気代比較 乾かない理由は?おすすめ機種は?

スポンサードリンク

除湿機に水が溜まらない(除湿しない)のは何故?

せっかく除湿機を買ったのに、スイッチを入れてしばらくしても、貯水タンクに水が溜まってない!

「これって、全然除湿してないってこと?」と思った人はいませんか?

私も同様な経験をしたことがあります。

それは何故か?除湿機には大きく分けると3つの方式があります。

それぞれの除湿方式及び使用環境により除湿能力に大きな差がでます。

それをこれからご説明します。

除湿機の機能比較と使用環境で除湿能力に差が出る

除湿機には「コンプレッサー方式」と「デシカント方式」と「ハイブリッド方式」呼ばれる3種類の除湿方式があります。

それぞれ、特徴があるので、それに合わせた使用方法をすることで、効率的に除湿効果を得ることが出来ます。

ところが、コンプレッサー方式などは使用状況により、ほとんど除湿出来ない場合もあるのです。

コンプレッサー方式の除湿機の特徴

コンプレッサー式の除湿機は、空気を冷やすことで結露を発生させて、空気中の水分を取り去ります。

室温が25℃以上の場合に除湿能力が十分に発揮されます。

長所はデシカント方式より電気代が安いということです。

短所としては、低温時には除湿能力が大幅に落ちる、運転音が大きいといった点です。

スポンサードリンク

ですから、 除湿機を使っているのに殆ど除湿出来ていない場合は、コンプレッサー方式の除湿機を低温時に使用しているケースが一番多く見受けられるのです。 この場合の解決方法は後述します。

デシカント方式の除湿機の特徴

除湿機にゼオライトといった水分の吸着と放出に優れた乾燥剤を使用して、そこへ空気中の水分を吸わせることにより除湿します。

その後、ヒーターの熱で乾燥した空気を室内に吹き出します。

長所は低温時においても、除湿能力が下がりにくく、洗濯物の乾燥に向いています。

短所としては、ヒーターを使用するので、電気代が高くつきます。

また、夏場に使用すると、ヒーターにより室温が高くなるので、過ごしにくくなるといった点です。

ハイブリッド方式の除湿機の特徴

ハイブリッド方式の除湿機はコンプレッサー方式とデシカント方式の良い面を組み合わせた除湿方式を採用しています。

長所は低温時にデシカント方式で運転していても、ある程度の温度まではヒーターを利用しないのでデシカント方式より電気代が割安といった点です。

高温時はコンプレッサー方式で運転を行い電気代を節約します。

短所としては2つの方式を採用しているので、構造的な理由から値段が高めということでしょうか?。

除湿機の効果的な使い方~冬や梅雨時など

ハイブリッド方式やデシカント方式なら、低温時でも除湿能力を発揮できます。

しかし、コンプレッサー方式は、低温時の除湿が苦手なのです。ですから、梅雨時の低温時(24℃以下)に除湿しようとしても、電気代だけ増えてしまいがちになります。

このような場合でも、石油ファンヒーターなどの暖房器具を併用することで、コンプレッサー方式の除湿機でも、低温時でも驚くほどの除湿効果を得ることが出来ます。

やり方はとても簡単です。まず初めに、暖房器具の室温設定を26℃に設定して運転します。そして、コンプレッサー方式の除湿機を使用すれば、最大限の除湿効果を得ることが出来ます。このようにすれば、コンプレッサー方式の弱点である低温時でも十二分に力を発揮させることが出来ます。

最後に

コンプレッサー方式の除湿機は低温時における除湿は苦手としています。

コンプレッサー方式の除湿機で効率的に除湿するには室温が25℃以上必要なのです。

ですから、低温時には室温を高めてから除湿することで、効果的な除湿効果を得ることができます。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク