お中元ののしお中元って地域によって贈る時期が違うって言いますよね。
今までは気にしていませんでしたが、関西に住んでいる人にお中元を贈ることがきっかけになり、関東と関西のお中元の贈る時期の違いと、喪中の場合はどうすれば良いのか?贈る時期が遅れた場合はどうすればいいのか?などについて調べてみることにしました。

スポンサードリンク

お中元の時期は関東と関西でどう違う?

関東周辺では7月1日から7月15日までにお中元を贈る習慣があるのに対して、関西方面では7月中旬から8月15日までお中元を贈るのが習わしになっているようです。

地方では8月15日頃にお中元を贈る地域が多いようです。

なお、北海道は、7月下旬~8月15日のお盆頃までに贈ることが多いです。また、九州地方の場合には7月12日~15日の間に到着するように贈れば問題ないようです。

お中元の時期に自分や相手方が喪中の場合には?

自分や贈る相手方が喪中の場合に、お中元を贈っていいのか悩まれている方もいるかもしれません。

スポンサードリンク

お中元やお歳暮は本来、日頃のお世話に対しての感謝の気持を表す贈り物なので、自分や相手方の喪中とは関係ありません。

但し、自分が喪中の場合で、かつ、四十九日の忌日が過ぎていない場合には、時期を少しずらすなどして贈ったほうが良いと思われます。

また、人によっては、喪中の家からの贈り物を嫌う方もおられるようです。

お中元を贈る時期が遅れたらどうする?

うっかりして、お中元を出す時期を忘れてしまった場合にはどの様にしたらいいのでしょうか?

関東周辺の場合には、7月15日を過ぎた場合、7月16日から8月6日頃までならば「暑中お伺い」として、立秋(8月7日頃)以降の場合には、「残暑お見舞い」として贈れば良いと思います。

関西地方の場合には、お中元を贈る時期は8月15日までですから、8月16日以降にお贈りする場合には、「残暑お見舞い」として贈るようにすれば良いのではないでしょうか?

まとめ

お中元とは、お世話になった方への気持ちを表す大切な贈り物だと思います。皆さんが、お中元を贈られる場合に、少しでも参考になればと思います。

スポンサードリンク