割れている爪皆さんの爪は健康ですか?私の場合は爪が横に割れたり、縦に割れたり、爪の表面がでこぼこしたりしています。

気になったので、爪が割れたり、でこぼこになったりする原因やその対処法について調べてみました。

スポンサードリンク

爪が割れる原因とは何なの?

爪が割れやすくて悩まれている方は、結構多く見受けられます。

爪の先が横に割れて二枚爪になったり、縦に割れたりする場合もあります。

それには、様々な理由が考えられます。

1.栄養不足が原因と考えられる場合

爪に大切な栄養成分として挙げられるのは、タンパク質、カルシウム、亜鉛、ケイ素などです。

ちなみに私の場合、数年前からカルシウムや亜鉛などのサプリメントを服用していますが、爪は割れやすいです。

ひょっとして、「ケイ素」が不足しているかとも思ったのですが、ケイ素は玄米、豆類、ほうれん草、にんじん、レバーなどに多く含まれています。

私は以前から納豆が好きなので、豆類は、ほぼ毎日食べているので、ケイ素不足になることは考えにくいのです。

そういった理由で、私の場合には、爪が割れるのは栄養面の理由ではないのかもしれません。

2.爪の乾燥が原因の場合

爪が割れる原因として意外と多いのが、爪の乾燥です。

爪が割れる理由が知りたいと、皮膚科を数件受診した方の診察結果が、全部「爪の乾燥」により爪が割れていると診断された事があった話を聞いたことがあります。

確かに、私の場合は、空気が乾燥する時期には特に皮膚がひび割れたりするので、乾燥には弱いのかもしれません。

3.爪をカットする方法に問題がある場合

爪の構造は三層構造になっています。爪切りなどで切ることにより、層が剥がれやすい人は、爪切りなどでカットすることにより、二枚爪になってしまいます。

特に、体質により層の間に隙間が出来やすい人ならなおさら爪が割れやすくなります。

爪が割れる場合の対策と対処法は?

爪が割れる場合の対策(原因療法)としては、栄養面に問題があるのなら、栄養的にバランスの良い食事を摂るようにする。

不足していると思われる栄養成分に関してはサプリメントなどで補うようにする。

爪切りなどで、二枚爪になりやすい方は、爪を切る場合には爪切りではなくて、ヤスリを使用すれば、層を崩さずに爪をケアできるようになります。

また、爪が乾燥などにより割れやすく、悩まれている方には、過去に弱かった自分の爪を克服した方の経験談をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

【爪を割れにくくする方法】

ネイルカラーを保護する目的で使用される「トップコート」を毎日、爪に塗り続けるのがポイントです。

 毎日塗り続けることにより、だんだんと爪が厚くなり、爪が割れにくくなります。 

爪が割れたり剥がれたりする原因の多くは、爪の表面が空気と触れて乾燥することにより起こると考えられています。

ですから、トップコートを塗ることで、空気と爪が触れないようになり、爪が次第に強くなっていきます。

この時の注意点ですが、色の付いたネイルは使用しないようにして下さい。

ネイルがとれてくると汚くなってしまい、塗り直したくなるのですが、除光液は爪を乾燥させる働きがあるので、絶対に除光液は使用しないようにして下さい。

ORLYのNAIL DEFENSEなどは、塗って30秒ほどで乾くので、出勤前の朝の忙しい時間でも便利に使用できます。

トップコートは毎日塗るわけですから、一週間から10日ほどすると蓄積されて、かなり分厚い状態になりますけれども、そうなると自然と剥がれていきます。

剥がれたら、また一から塗り直ししていきます。これを繰り返すことにより、弱かった爪がとても丈夫になったという人は多いのです。

爪が割れて悩まれている方は、是非一度、この方法を試してみてください。

爪がでこぼこなんだけど大丈夫なの?

爪の表面がでこぼこになっている人も意外と多いようです。

私の爪の場合も、親指と中指と薬指にでこぼこが見受けられます。

日本皮膚科学会のホームページなどで調べたところ、一番の原因は自分の指などでその部分を触る癖が一番の原因と記されていました。

また、爪の根元の部分が、赤く腫れていて、爪の表面がでこぼこしている場合に多く見受けられるのは慢性爪郭炎という病気の可能性が高いということでした。

私の場合には爪先に触れるような癖は無いので、そういった原因は考えられません。

いずれにしても、でこぼこの爪の治療方法としては、ステロイド含有の外用剤を爪の付け根から指先の方向に塗布する方法があるということです。

詳しくは、爪の病気の専門家である、皮膚科に受診してみることが肝心です。

最後に

自分の爪が割れやすい本当の原因を突き止めるのは専門家でもなかなか難しいことです。

しかし、最低限、対処法は施せると思いますので、今回の記事を少しでも役立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク