天神祭花火大会の光景天神祭奉納花火大会は130万人を超える人出で賑わう真夏の浪速の風物詩です。

そんな、天神花火大会のおすすめ場所や場所取りする場合の時間帯や最寄り駅などをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

天神祭奉納花火大会の基本情報

天神祭奉納花火大会の開催日時

天神祭奉納花火大会は、例年7月下旬に開催されます。

開催時間は19:00分~21:00分まで開催されますが、一応、下記URLなどで最新情報をチェックしておきましょう。

>>大会日時はこちらでチェック!<<

天神祭奉納花火大会の屋台やトイレ情報

屋台は大阪天満宮、天神橋筋商店街、桜之宮公園中央広場、大川沿岸などに1000店ほどの露店が軒を並べます。

トイレは桜之宮公園などに公衆トイレはありますが、数が少ないので混雑すること間違いありません。

なお、南天満公園近くの滝川公園にもトイレは有りますけれども、自分が花火を観覧する場所から近い所のコンビニなどもチェックしておきましょう。

大会当日はトイレに行列ができることも考えられますので、早めにトイレを済ますことが必要です。

天神祭奉納花火大会の最寄り駅は?

JR桜之宮駅より徒歩10分。各線天満橋駅、南森町駅より徒歩15~20分。

勧賞エリアとして人気の桜の宮公園から近いJR桜之宮駅は大変混雑します。

JR桜之宮駅は桜之宮公園や源八橋からの最寄駅でもあります。

花火の打上げ場所から近いことや、桜之宮公園は屋台なども出るので、天神祭花火大会において一番利用が多い駅です。

駅の西口は非常に大混雑するので、比較的広い東口へ行くほうがおすすめです。

これに対して、JR大阪城北詰駅及び天満橋駅、JR大阪天満宮駅、地下鉄扇町駅などは比較的利用が少ないようです。

スポンサードリンク

お祭りの雰囲気を味わいながら歩くのも風情があって良いですよね。

<天神祭奉納花火大会の観覧時における注意点

源八橋や桜宮橋などの大川にかかる橋は、18時頃から人がどんどん増えてくるので、あまり移動しないほうが良いと思われます。

また、川崎橋は18時より通行止めになりますから注意が必要です。

天神祭奉納花火大会のおすすめスポットと場所取り時間

A.B.花火の打ち上げ場所
天神祭花火大会はAとBの二箇所で打ち上げられます。

C.OAPタワー周辺
打ち上げ場所が正面に見える絶好の観覧場所です。午前中の早い時間から場所取りする人もいる人気のスポットです。

D.OAPの円形広場
川沿いにある広場を階段が円形状にぐるりと囲んでいる人気スポット。階段に座って鑑賞できる。17:00時位になると人気の場所は埋まってしまう状態だが、座れる場所もまだ多少残っている感じです。

E.桜之宮公園中央広場
打ち上げ場所の南側に広がる広場。障害物がなく、花火を間近で楽しめる絶好のポジションでもあります。広場を囲むように屋台が数多く並びます。見やすい場所からどんどん場所取りで埋まっていきますから、早めに場所取りをしておきましょう。

F.桜之宮公園
大川東沿いの川沿いは、広範囲に渡る絶好の観覧エリアです。
このエリアも早い時間から場所取りが始まります。

G.藤田美術館前の公園
並木が邪魔にならないところなら、二箇所の花火が同時に楽しめるスポットです。
早めにベストポジションをゲットしておきましょう。

最後に

7月下旬~8月にかけては大気が不安定で、突然の土砂降りに見舞われる場合もあります。

花火に浮かれること無く、雨具の準備も忘れないように出掛けるようにしましょう。

スポンサードリンク