暑中見舞いのはがきのイラスト梅雨明けして暑くなる頃、お世話になった人や友人などに暑中見舞いを出そうかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところで、暑中見舞いっていつからいつまで出せば良いのでしょうか?

また、自分や相手が喪中の場合や、官製はがきで暑中見舞いを出しても良いのか等、暑中見舞いを出す場合の疑問についてお答えしようと思います。

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期っていつからいつまでなの?

暑中見舞いの時期についてはいろいろな説があります。

「暑中」とは、二十四節気の「小暑」と「大暑」の時期を指すので、この時期に見舞うのが暑中見舞いという説が一般的です。

時期はいつまでかと言いますと、「大暑」の最後の日。つまり「立秋」の一日前までの期間です。

小暑は7月7日ころ(その年によって1日ずれる場合もあります)で、立秋は8月8日ころです。

ですから、暑中見舞いは7月7日ころから立秋の一日前の8月7日ころまでに見舞うようにすれば良いと思います。

ちなみに、梅雨明けから立秋の一日前までが暑中見舞いの時期とする説もありますけれども、気象庁から梅雨明け宣言が出ない場合には、暑中見舞いをお出しする時期を逸してしまう場合もあります。

そのような理由から、暑中見舞は7月7日ころから8月7日ころまで届くようにすれば、マナー上、問題はありません。

スポンサードリンク

ちなみに、立秋から8月末までの期間に見舞う場合には「残暑見舞い」となります。

暑中見舞いの時期に自分や相手が喪中ならどうする?

もし、自分や相手方が喪中の場合には暑中見舞いはしない方が良いのでしょうか?

そもそも喪中とは、祝い事などの慶事への出席や慶事をとり行わないこと、正月飾りや正月料理などの祝い事を自粛しようとする考え方です。

年賀状は、祝い事に入りますが、暑中見舞いや寒中見舞いなどは、相手を気遣う故の「見舞い」ですので、見舞う方が喪中であっても、見舞われる方が喪中であっても関係ありません。

 喪中と見舞いは根本的に意味合いが別のものですから、暑中見舞いは普通に出して頂いて大丈夫です。 

暑中見舞いの時期に出すはがきは専用のものってあるの?

暑中見舞いをはがきで出す場合に、官製はがきで送って頂いても何ら問題はありません。

ただし、日本郵便では「かもめ~る」といった暑中見舞い・残暑見舞い用のくじ付きはがきを販売しています。

デザインも4種類ほどありますので、それを利用しても良いと思います。

最後に

最近、若い人の間では暑中見舞いはおろか、年賀状さえも出す人は少なくなったと言われています。

しかし、メール1通とはがき1枚とでは重みが違うように思えます。(このように感じるのは私だけかも^^;)

たまには疎遠になっている人にも、暑中見舞いを出してみようと思っています。

スポンサードリンク