サングラス渓流とか海とかで釣りをする場合にベテランの釣り師の方がかけている偏光サングラス。気になりますよね?偏光サングラスをかけることで、どの様な効果があるのか?

1,000円程度の安いものでも効果は変わりないのか?色はどのようなものがおすすめなのか?といった疑問にお答えしようと思います。

スポンサードリンク

偏光サングラスで釣りする時の効果は?

渓流釣りの場合など、橋の上などから見下ろした場合に、泳いでいる魚が見えるので、その日に魚が潜んでいるポイントを掴むことが出来るわけです。

浅瀬で餌を待っているのか?やはり、水温が低くて浅瀬には出ていないから、深み専門に攻めようなどと戦略を立てることが出来るようになりますから、釣果は上がりやすいと言えます。

また、海釣りではルアーを追ってきた魚を見ることが出来るので、釣りの楽しさが増えることは間違いありません。

なお、サングラス有りと無しで比較した場合、釣りを終えた時の疲れが全然違います。

これは、マウス実験でも明らかになっているのですが、太陽光線など強い光を目に受けることで、ストレスホルモンが分泌され、疲労が蓄積されるのです。

 ですから、晴天下での釣りや長距離ドライブをする時は、サングラスを装着することで、疲れがぐっと和らぐのです。 

偏光サングラスで釣りする時に安いものって大丈夫?

1000円の偏光サングラスでも10000円のものでも、よほどの粗悪品を除いては購入時の性能はほとんど変わらないと言われています。

理由はいくつかあります。

ひとつは「融点」の問題です。

安い金額の偏光サングラスは、コストカットのためにポリカーボネートやトリアセテートなどでレンズが作られています。

スポンサードリンク

これらの材質は融点が低いために、使い続けることにより偏光膜が歪んでしまい、めまいや頭痛の原因になる場合も少なくないのです。

ふたつ目は、「色抜け」の問題です。

色抜けとはレンズを使い続けることにより、紫外線によりレンズの色が褪せてしまうことを言います。

特に、ガラス以外の安物のレンズに多く見られる現象です。レンズの色が変わってしまうことで偏光レンズの機能も失ってしまうことになります。

このような理由から、安い偏光サングラスを購入する際には、使い捨てと割り切って、定期的に買い換える方が得策でしょう。

ちなみに、偏光サングラスで釣り師の中で一番人気なものはTALEXというブランドのものです。価格は10,000~30,000円とちょっと高めですが、満足できる装用感を味わえると評判です。

偏光サングラスで釣りする時の色って何色がいいの?

釣りをする時は勿論ですけれども、ドライブをする際にも偏光サングラスは力を発揮します。

ただし、気象条件により見にくい場合もあるようなので、状況によって使い分けすることも大切です。

例えば、あるベテラン釣り師の話によると、晴天時にはグレーのレンズのものを、雨天時にはブラウン系のものを使用することにより見やすくなると言っておられました。

また、フライマンの方は、渓流釣りの場合にはポイントとなる場所は薄暗い所が多いので、明るめのイエローのレンズを使用することで、視覚が明るくなり釣果につながると言っていました。

ちなみに、イエロー系のレンズは夜間の雨の日のドライブにも力を発揮します。

最後に

偏光サングラスの種類は実に様々で、値段もピンからキリまであります。

もし、使用頻度が高ければ、少しは良いものを。たまにしか使用しなければ、安いものでも全然OKでしょう。

ご自分の使用頻度と秤にかけて、最適なものをチョイスして頂ければと思います。

スポンサードリンク