夏の日差し夏になると暑くて夏バテしてしまう人は多いようです。

一旦夏バテになってしまうと、回復するまでに時間がかかる人も少なくありません。

一番良いのは夏バテにならないようにすることが一番です。そこで、夏バテや疲労回復に効果のある食材は何かということを栄養士さんの講義の中からご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

夏バテに効果のある食材ランキング

食材は栄養バランスの良いように、沢山の種類を摂るように心がけましょう。

ここでは、夏バテに良いとされる栄養士さんお薦めの物をご紹介します。

うなぎ・豚肉・・・エネルギーの代謝が上がるとされるビタミンB1を多く含んでいます。ニンニクと一緒に取ると効果がアップします。

山芋・オクラ・・・ムチンといったネバネバ成分が消火器の粘膜を保護することにより、タンパク質などの消化吸収を促進させることが出来る。

レモン・梅干し・・・酢やレモンなどに含まれているクエン酸には疲労回復効果があり、食欲を増進させる効果があります。また、吸収されにくいカルシウムや亜鉛などのミネラルの吸収を促進させる効果もあります。

大根・・・ジアスターゼという消化酵素が含まれているので、夏バテによる胃もたれなどに対して、予防・効果が期待できます。

スポンサードリンク

きゅうり・なす・トマト・・・旬の夏野菜は栄養価が高い上に、体を冷やす効果があるので、体温が高めの場合にクールダウンしたい時におすすめです。

しょうが・唐辛子・かぼちゃ・さつまいも・ニラ・・・体を温める温野菜です。暑い時期には食べたくないかもしれませんが、体を温めることで夏バテ予防にもなりますので、少量でも良いので摂取するようにしましょう。また、しょうがや唐辛子は新陳代謝を高めて老廃物を排出するのに役立ちます。

夏バテに効果のある料理とは?

栄養士さんの講義で紹介されていた、夏バテに効く簡単レシピを2つご紹介します。

ぎょうざ・・・ビタミンB1が豊富な豚肉と野菜もたっぷり入っています。ニンニクも一緒に入れればビタミンB1の効果もアップするので夏バテにお薦めの料理です。

冷シャブ・・・豚肉と野菜を軽く茹でたあとにつけダレにつけて食べます。つけダレもポン酢などの疲労回復効果があるものを使えば効果がアップします

まとめ

栄養士の先生の話しによれば、暑い時期に冷たい物を多く摂ってしまうと内臓が冷えてしまい、食欲が減退して、便秘などの症状が見られるようになります。

食欲がない時には、梅干しやレモンなどクエン酸を含む食品を摂って、意識的に食欲を増進させることが大切だといいます。

夏バテだからといって食生活を変えるのではなく、今までの食生活を維持することが、夏バテを乗り切る秘訣なのかもしれません。

スポンサードリンク