内壁を歯ブラシで掃除しているところ油性ペンを間違ってお肌に付けちゃったり、ビニールの上履きに書いた名前を消そうと思ったり、子供が壁紙に書いた落書きを消したいと思った事ってありますよね?

今回は、油性ペンで書いたインクを落とす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

油性ペンの落とし方お肌ならどうする?

間違ってお肌に油性ペンのインクが付いちゃった場合、皆さんはどの様にしていますでしょうか?

石鹸をつけて手洗いしても、インクは多少薄くなってもきれいには落ちません(これは皆さんも経験済みだと思います ^^)

そこで、使用するのが「口紅」または「クレンジングオイル」です。

お肌に付いた油性ペンのインクを落とす方法

①口紅またはクレンジングオイルをインクの付いたお肌付近に塗ります。
②お肌に付いたインクの部分に口紅などを指でグリグリと馴染ませます。
③ティッシュペーパーで浮いた汚れを拭き取る。
これで、お肌がきれいになるはずです。

油性ペンの落とし方壁紙の場合はどうする?

一般的な御家庭に多く見られる「ビニールクロス壁」を例に、油性ペンで書いた汚れの落とし方をご紹介します。

無水エタノールを用意します。普通の消毒用エタノールでも良いのですが、水分が含まれている割合が少ない分、無水エタノールの方が落ちが良いようです。

ビニールクロス壁に付いた油性ペンのインクを落とす方法

①無水エタノールを多く含ませたティッシュペーパーをインクの付いた部分に当てて、エタノールがインク部分に浸透するようにします。
②次に、布などでインク汚れの部分を押し付けるようにして小さく拭き取ります。大きく拭きとってしまうと汚れが広がってしまう場合がありますので注意が必要です。
③①と②を繰り替えしながらきれいにしていきます。
④ビニールクロスの種類によってはデコボコしている場合もありますので、その場合は、歯ブラシにクリームクレンザーを少量塗布して、傷を付けないように注意して歯ブラシで汚れを取りながら、布などで汚れを拭き取っていくようにします。

なお、歯ブラシや布で拭き取る場合には力を入れ過ぎないように注意して下さい。
※目立たない部分で一度試してみて下地に悪影響がないことを確認してから行うようにして下さい。

油性ペンの落とし方洋服などの布の場合はどうする?

一般的に洋服などの布についた油性インクは非常に落ちにくいと言われています。

スポンサードリンク

また、ベンジンやシンナーを使用すると、逆に落ちにくくなってしまいます。

それでは、どうしたらいいのでしょうか?

先ほど、お肌のインク汚れを落とす際に使用した「クレンジングオイル」を使用します。

女性の化粧品も油性のものが殆どですので、そのお化粧をきれいに拭き取るクレンジングオイルの効果は化粧品と同じ油性のインクを落とす効果があるのです。

洋服の布に付いた油性ペンのインクを落とす方法

①インク汚れの部分にクレンジングオイルをつけて、良く馴染ませます。
②インク汚れ部分を指でよくもんで、汚れを浮かせて水洗いする。

この方法はインク汚れの範囲が小さい場合に効果を発揮します。
広範囲の場合ですと、最初からしみぬき専門店にお願いした方が良いと思います。
他に、プラスチックやガラスに書いた油性インクも無水エタノールやクレンジングオイルをつけて馴染ませてから拭き取れば、問題なく落ちると思います。
※目立たない部分で一度試してみて下地に悪影響がないことを確認してから行うようにして下さい。

油性ペンの落とし方紙の場合はどうする?

紙に書かれている油性インクを落とすのが一番大変かもしれません。

おすすめ方法は2つ。

無水エタノールかアセトン配合の除光液を使用するかです。

油性ペンのインクの種類により溶剤が異なっているからです。

紙に書かれた油性ペンのインクを落とす方法

無水エタノールかアセトン配合の除光液を準備します。

インク汚れの落とし方は、拭き取る方法と紙に溶液を浸透させながら紙のインクを溶かしていく方法とがあります。

いずれにしても、同様の紙を使用して事前にインク汚れを落とすニュアンスをつかんでからにして下さい。

さもないと、汚れが広がっていまい、取り返しがつかなくなる場合があるからです。

また、無水エタノールとアセトン配合の除光液のどちらが効果的なのかも事前にチェックしておきましょう。材質は紙ですから、細心の注意が必要となります。

※目立たない部分で一度試してみて下地に悪影響がないことを確認してから行うようにして下さい。

最後に

油性ペンの落とし方は実にいろいろな方法があります。

今回紹介した方法を試す場合には、必ず目立たない部分で一度試してみた上で、下地に悪影響がないことを確認してから行うようにして下さい。

また、デリケートな素材を扱う場合には、素材を壊してしまわないように細心の注意を払って作業することが必要です。

ご自分で行う自信が無ければ、専門業者に依頼することも考えましょう。

スポンサードリンク