そうめん夏になるとそうめんを食べる機会が多くなりますが、毎回同じレシピだと飽きてしまいます。そこで、そうめんの意外なレシピや簡単アレンジ方法などご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

そうめんのラーメン風レシピ(中華風そうめん)

まず、初めにそうめんを使用した、煮干しのだしが効いたラーメン風の温かいレシピをご紹介します。

【用意するもの】
豚肉(細切れなどで良い)、メンマ、きざみネギ、煮干しの粉、薄口しょうゆ、ラード、みりん、黒こしょう

【作り方】
①まず、ラーメンの丼で、必要な人数分のスープ量を量って鍋に入れます。

②そこに、煮干しの粉を入れます。量は一人前に付き煮干粉を小さじ2杯入れます。

③豚肉を適量鍋に入れてから火にかけます。

④湯が沸騰したら、弱火にして表面に浮いたアクをすくい取ります。

⑤アクをすくい取ったら、一旦火を止めます。薄口しょうゆを丁度良い塩加減になるように、味見しながら少しずつ入れます。次にみりんを一人前に付き小さじ1杯入れます。

そして、最後にスープの仕上げとしてラードを1人前に付き小さじ1杯と、黒こしょうを1人前に付き5回ほど振りかけます。

黒こしょうは白コショウと比べると、香りが強い割に辛くないので、多めに振りかけても大丈夫です。これで、スープの完成です。

⑥茹で上げたそうめんを丼に入れて、そこにスープを入れて、豚肉とメンマときざみネギを載せれば、そうめんのラーメン風レシピ(中華風そうめん)の完成です。ラードと煮干と胡椒の風味がラーメンを連想させます。

スポンサードリンク

そうめんに納豆を使ったひっぱりそうめん

次にご紹介するのは、東北は山形県のうどんのレシピである、「ひっぱりうどん」をそうめんに変えた、「ひっぱりそうめん」です。納豆やサバ缶を使用した栄養面でも優れた、簡単にできる人気レシピです。

【用意するもの;4人前】
そうめん:400g
サバ缶:1~2個
納豆:2~4パック
生卵:4個
きざみネギ:適量
麺つゆ又はしょう油:適量

【作り方】(1人分)とっても簡単です
①大きめの器にサバ缶1/4~半分と納豆半パック~1パックほど好みにより入れます。

そこへ、生卵と麺つゆまたはしょう油を適量入れて最後に刻みネギを入れてつけダレの完成です。

②そうめんを茹でたら、鍋のお湯を捨てずに食卓へそのまま運びます。

つけダレをグルグルとかき回して、全体が上手く混ざったところへお湯の中からそうめんを割り箸で取り出して、つけダレにからませて食べます。

ひっぱりうどんは山形県の郷土食で、最近ではテレビでも紹介されて全国的にも人気のあるレシピです。なお、地域によっては、生卵を入れない地域もあるらしいです。

お好みに応じて、卵ありと卵なしを試してみるのも良いでしょう。夏の暑い時期、食欲の落ちた時などに結構重宝するレシピだと思います。

まとめ

今回は今まで食べたそうめんレシピの中で美味しいと思えるものを紹介させて頂きました。

麺類が好きな方には是非気に入って頂けるレシピだと思います。

是非一度味わって頂きたいと思います。

P.S
いつものそうめんに飽きたら、ゴマ油を数滴めんつゆに入れてみてください。
それだけでも大分風味が変わりますよ♪

スポンサードリンク