自動車のタイミングベルト自動車のエンジン部分に使用されているタイミングベルト。走っている状態の時に切れてしまうと、エンジンに損害が出てしまう場合があります。そこで、トヨタ、ホンダ、スバル、軽自動車のタイミングベルトの交換時期について調べてみました。

スポンサードリンク

タイミングベルトの交換時期は10年って本当?

自動車に使われているタイミングベルトは2種類あります。金属チェーンのものと樹脂製のベルトのものがあり、金属チェーンのものは切れる心配がほとんどありませんので、交換は不要です。

交換しなければならないのは樹脂製のタイミングベルトです。

タイミングベルトの交換時期の目安は、一般的に走行距離が10万kmに到達した時だと言われています。10年といった目安は根拠がないようです、

10万km以上車を乗り続ける予定でしたら、ディーラーに問い合わせて、自分の車のタイミングベルトの種類を聞いておきましょう。

タイミングベルトは車種やメーカーにより、エンジン干渉タイプと非干渉タイプがあります。非干渉タイプならタイミングベルトが切れてもエンジンは無事で済む場合もありますが、干渉タイプだとエンジンが修理不能になる場合もあります。

タイミングベルトはメーカーによって交換時期が違うの?

メーカーによってタイミングベルトの交換時期の目安が違うのか各メーカーのホームページなどで調べてみました。

トヨタでは走行距離数が10万kmごとの交換を目安としているようです。

ホンダの場合には、使用状況や使用年月によって劣化や破損の状態は異なりますといった表示でした。また、スバルでは、目視でベルト類にひびや亀裂、たわみなどが見られる場合や、エンジンルームから「キュルキュル…」などの異音がする場合には交換のサイン。また、30,000kmを超えたら、たるみ、ひび割れ、異音発生時に注意しましょうといった内容でした。

私なりにまとめれば、タイミングベルトの交換の目安は年数ではなく、走行距離数であり、トヨタ車は10万kmを目安にしており。ホンダやスバルではタイミングベルトの交換は使用状況などにより異なるので、明確な走行距離数は明示していないということです。

スポンサードリンク

タイミングベルトの交換時期は軽自動車ならいつ頃?

軽自動車のタイミングベルトの交換時期を普通乗用車と同じ、10万kmを目安としている人は多いようです。しかし、ある軽自動車メーカーの整備士さんに確認したところ、タイミングベルトが切れて修理に持ち込まれるほとんどの車の走行距離数が、10万km以下(8~7万km)だというのです。

 理由は、軽自動車は普通車に比べた場合、常用回転数が高いので、タイミングベルトが早く劣化してしまうのだそうです。 

そういった実情を踏まえると、軽自動車を長く使用したいと考えている方は、6万km程度を交換時期の目安にしてみてはいかがでしょうか?

ただし、前述したとおり、タイミングベルトには干渉タイプと非干渉タイプのものがあります。非干渉タイプの場合には、エンジンに損害が及ぶ可能性が低い(しかし、エンジンが高回転の場合に切れると、非干渉タイプでもエンジンに損害が及ぶ場合もあるので注意が必要)と考えられるので、タイミングベルトが切れてからの交換も視野に入れておいても良いかもしれません。

なお、スズキ自動車の場合には、最近発売されている全車種が金属チェーン製のタイミングベルトだということです。

また、他のメーカーも車種により樹脂製が金属製かに分かれている場合もありますので、自分の軽自動車のタイミングベルトはどっちのタイプなのかメーカーに確認しておきましょう。

【関連記事】
タイミングベルトの交換費用って軽自動はいくら?時間はどれくらい?
軽自動車のオイル交換の方法~距離や時期の目安は?時間や料金は?

最後に

昔は、タイミングベルトのほとんどが金属製のチェーンタイプだったそうです。しかし、樹脂製の方が静音性に優れているといった点などから、多くの車種に採用された経緯があるといいます。

その後、タイミングベルトが切れるといった問題や、最近の金属製のタイミングベルトの静音性の向上により、樹脂製のものから金属製のチェーンのタイミングベルトに戻りつつあるといった話を聞きました。

将来はタイミングベルトが切れる心配はしなくとも良い時代になるかもしれません。

スポンサードリンク