出雲大社出雲大社の本殿や祓社(はらいのやしろ)へ参拝する方法とその理由や服装、また、縁結びの場合の参拝方法はどのようにしたら良いのか?について説明したいと思います。

スポンサードリンク

出雲大社の祓社と本殿の参拝方法とその理由とは?

出雲大社の正式な参拝方法は「2礼4拍手1礼」となります。これは、出雲大社には本殿以外にも祓社などいろいろな社殿が存在しますが、参拝方法は本殿同様、「2礼4拍手1礼」の作法による参拝が基本です。

4拍手をする理由は、出雲大社での一番大きな祭典は5月14日の例祭となっており、この時には8拍手をします。数字の8は皆さんも御存知の通り、無限の数を意味する数字なので、8拍手をするということは神様に対して無限の拍手を持って讃える作法ということになります。

しかしながら、8拍手するのは年に一度の例祭のみの作法と決められているので、日常的には8拍手の半分の4拍手で神様を讃えるのを作法としているというのが4拍手の理由なのです。

2礼4拍手1礼した後、手を合わせたまま心のなかで自分の住所と名前を申し上げます。そして、参拝に無事これたことを感謝した後に願い事を言うようにします。

出雲大社の祓社の参拝方法とは?

先程述べたとおり、本殿以外の社殿でも同様に「2礼4拍手1礼」をします。

スポンサードリンク

祓社(はらいのやしろ)には祓戸神(はらえどのかみ)4柱が参拝者の心身の汚れをはらい清めて下さり、これから本殿で参拝する大国主大神の御意を参拝者に預けるようにしてくれるという意味合いがあります。そういったことから、祓社においては自身の汚れを取り除いてくれるようにお願いするのが良いかもしれません。

出雲大社の参拝方法における服装とは?

出雲大社に参拝する場合の服装規定などというものは無いようですが、拝殿で大黒様にお参りする場合には、目上の人に挨拶する場合の服装に準じるのが相当だと思います。

目上の方にお願いに行かれる場合において、ジーパンやサンダル履きでは行かないはず。ましてや、お願いに行く相手は目上の方というよりも”神様”なのですから。

特別かしこまる必要はないと思いますが、礼儀をわきまえた服装は大切だと思います。

出雲大社の参拝方法は縁結びの場合にはどうするの?

出雲大社に祀られている大国主大神様は縁結びの神様として昔から信仰されていますが、この「縁結び」の意味は男女だけのご縁を指すものではなく、人と人との広い意味でのご縁を指します。

参拝方法は一般と同様に、2礼4拍手1礼した後、手を合わせたまま心のなかで自分の住所と名前を申し上げます。そして、参拝に無事これたことを感謝した後に願い事を言うようにします。

最後に

参拝方法は各神社仏閣により異なります。作法を間違えたりすると、せっかく参拝に行ったことが無駄になりかねません。

今回の記事が、出雲大社に参拝に行かれる方の参考になればと思います。

スポンサードリンク