受付のお礼の見本結婚式では友人に受付をお願いするカップルは多いようです。そこで悩むのが、受付をしてくれたお礼に、現金又はギフトカードをどれくらい渡せばいいのか?ということです。

また、渡すタイミングとポチ袋などへの書き方などもご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の受付のお礼は現金か商品券のどちら?金額は?

結婚式の受付をしてもらったお返しに、お礼をするのは当然です。

現金か商品券かで悩まれている方は多いようですが、結婚情報サイトなどで調べてみたところ、現金と商品券をお渡しする方は半々くらいらしいです。

現金よりスマートに見える商品券を好む人もいれば、受け取った方が自由に使える現金の方が相手に喜ばれると感じる人もいます。要するに好みの問題ですので、あまり深く考えなくとも良いのではないでしょうか?

なお、受付のお礼の金額は3,000円~5.000円が一番多いようです。 金額の決め方は、結婚披露宴の招待人数などが多ければ5.000円で、少ないようでしたら3.000円といった考えで良いと思います。 

なお、お礼に物も同時に贈られる方もおられるようですが、結婚披露宴の引き出物に加えて贈り物を持って帰るとなると量が増えて大変ですので、現金か商品券で十分だと思います。どうしても物もお渡ししたければ、後日、宅配便で送られては如何でしょうか?

結婚式の受付をしてもらった時のお礼の渡し方は?

お礼の受付は一般的に、新郎側の受付は新郎の友人で、新婦側の受付は新婦の友人だと思います。この場合、新郎側の受付の方には新郎の両親のいずれか。また、新婦側の受付の方には新婦の両親のいずれかより渡してもらうようにします。

スポンサードリンク

新郎新婦は結婚式当日は忙しいですし、親から受付のお礼を渡すことで、遠慮されにくくなります。(新郎や新婦から友人に受付のお礼を渡す場合、遠慮するケースが多々見られるようです。)
なお、 渡すタイミングは、結婚式当日、受付が始まる前に挨拶を兼ねて渡すようにするのがベストです。 

結婚式の受付のお礼のポチ袋の書き方はどうする?

結婚式の受付してくれた方へ現金や商品券を渡す場合に、袋にはどのように記載したら良いのでしょうか?

受付のお礼の見本
受付のお礼に現金をお渡しする場合には、ポチ袋に「御礼」または「寿」と記載します。商品券などのギフトカードはポチ袋には入りきりませんので、普通ののし袋を使用します。

この時、蝶結びの祝儀袋は使用しないように注意します。理由は蝶結びだと何度でも結び直せるので、結婚式には向いていません。結婚式の受付のお礼には、一度しか使えないといった意味合いのある「結びきり」で、水引は10本のものを使用しましょう。
そして、「御礼」または「寿」の下には両家の苗字を記載します。
なお、遠方から見えた方に交通費をお出しする場合には別途、交通費の半額~全額を「御車代」として包むようにします。

最後に

私も過去に結婚式の受付を引き受けたことがあります。
一般的には2人1組で受付を担当するケースが多いようですが、お金を扱うために結構気を遣います。
結婚式の受付を快く引き受けてくれた友人に対しては、きちんとねぎらってあげるようにしたいものです。

スポンサードリンク