仏前の花法事に呼ばれたのは良いけれど、包む金額やお供えはどれ位が良いのか?その時使用する水引きの色や書き方などはどうしたら良いのか?などについて分かりやすく説明します。

スポンサードリンク

法事ののしの金額とお供えはいくら位のものが良いの?

法事に呼ばれた場合に包む金額は1万円というのが相場です。 法事で出される食事代と手土産代と合わせると、大体それくらいの金額になるのが理由と言われています。 

ですから、法事に呼ばれてはいるけれども、出席できず、代わりに他の人にお気持ちを持って行って貰う場合には、早めに行かれない理由をお伝えした上で、五千円ほどお包みするのが妥当です。(欠席の場合には食事は戴きませんので、一般的には五千円で十分です)

また、故人と親しくお付き合いしていた場合やお世話になっていた場合は、お気持ちの他に、日持ちのする和菓子など2,000~3,000円位の物をお供えする事もあります。

なお、私の場合ですが、妻の実家の法事へ夫婦で呼ばれた場合には、2人で御佛前として1万円、御供物料として1万円を別々に包むようにしています。その理由として、法事の際の先方の費用明細を考えてみると、2人分の料理代金を5,000×2=10,000円、引き出物は夫婦で1つで5,000円で合計金額が15,000円となり妥当と考えたからです。

この場合、あくまでも料理と引き出物の金額を高めに計算しているので、御佛前1万円、御供物料5,000円でも良いかもしれません。

法事ののし袋の水引きの色と書き方はどうする?

水引きの種類や書き方の説明をする前に確認しておくことがあります。

まず、多くの方に誤解があると思われます。熨斗(のし)とは紅白の水引の右上に付いている六角形の飾りの事を言います。
のし紙の説明
お祝いごとのみに付けるので仏事には使用しません。水引がプリントされている紙のことを掛け紙といいますが、多くの人はこの掛け紙のことを「のし(熨斗)」と勘違いしているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

それでは法事に持っていく場合の袋の表書きには、どのように記したら良いのでしょうか?四十九日内の場合には、まだ仏ではないといった解釈より御霊前となり、四十九日以降は、成仏して仏になるということから御仏前と記します。
御佛前の掛け紙の書き方
ですから、一周忌や三回忌などの法要の袋の表書きには「御仏前」または「御佛前」と記載します。差出人の名前は苗字と名前(フルネーム)で明記します。水引きは黒と白の結び切りで結構です。

 ただし、関西より西の地域では黄色と白の水引きが使われる場合も多いようですので、その地域に昔から住まわれている方に聞いてみるのが一番でしょう。 

なお、和菓子などをお持ちする場合には、掛紙の表書きには「御供」と記して、下の氏名はフルネームで記載します。

法事ののしの文字は薄墨で書かいた方が良いの?

薄墨で表書きを書くといった謂れには次のような理由があります。

1つは、お亡くなりになった事を知り、急いで墨をすって表書きを書いて来たので炭が薄かったということ。

2つめは、弔事は悲しみの為に涙で墨も薄まってしまうということから、薄い墨で表書きを書くようになった。

以上が薄墨が使われる理由と考えられています。

いずれにしても、薄墨で表書きを書くのは四十九日以前までであり、それ以降(故人が仏になる)の法事には薄墨で書く必要はないのです。濃い墨で書くようにしてください。

こんな記事も書いてます!
快気祝いののしの書き方とお礼の品物は何が良い?手紙はどう書く?

最後に

ご紹介したとおり、法事の場合の水引きは黒と白のもので間違いありませんが、関西より西の一部の地域においては、水引きを黄色と白のものを使用している所もあります。

その地域の慣習に不慣れな方は、地域の年長者にアドバイスを受けるようにしましょう。地域の慣習が一番優先されますから。

スポンサードリンク