室内に干された洗濯物洗濯物をしっかりと洗濯して干したのにカビ臭さや生乾きの臭いなど変な匂いを感じたことはありませんか?洗濯物が臭くなる原因と臭いをさっぱりと消す方法を紹介します。

スポンサードリンク

洗濯物の生乾きの臭いの原因とは何なのでしょう?

汚れた衣類にはドロや油汚れなどと雑菌が付着しています。雑菌は汚れをエサとしてドンドン繁殖します。ですから、日数が経った洗濯物の臭いが強烈になるのはそのためなのです。また、洗濯して干したのに、カビ臭さや生乾きの臭いなどが残るのも雑菌が残っている証拠なのです。

つまり、汚れや菌を完全に落としきれていないから洗濯物が臭ってしまうのです。また、洗濯槽の裏が非常に汚れていて、カビの温床になっており、洗濯槽を回すたびに洗濯物にその汚れが付着してしまい、臭いが発生してしまうこともあるようです。
それでは、どの様にすれば良いのか?次の章で説明します。

洗濯物の生乾きの臭いの対策法とは?

洗濯物がカビ臭い場合や、生乾きの臭いがする原因は雑菌が原因ですから、雑菌を殺菌すれば問題は解決するわけです。

それでは、洗濯物の臭いを消す効果的な方法を2つご紹介します。

逆性石けん液(オスバン液)で洗濯物の臭いを消す方法

逆性石けん液(オスバン液)は塩化ベンザルコニウムが成分の水溶液です。薬局やドラッグストアで販売されていて、500mlで900円~1,000円ほどで購入できます。逆性石けん液(オスバン液)は殺菌効果の高いので、臭いのする洗濯物の殺菌に向いています。

【逆性石けん液(オスバン液)での洗濯物の殺菌方法】

バケツなどの大きめの容器を準備して、水1L当たり、キャップ2杯の原液を入れて6~8時間ほど浸け置きします。その後、洗濯機で脱水してから、通常の洗濯コースを選びます。

しつこい臭い対してもこの方法は効果を発揮しますので是非お試し下さい。

ここで、注意を要するのが、逆性石けんと一般洗剤を同時に使用しないことです。一緒に使用すると、互いの効果が全く無くなってしまいます。

ナノ洗剤で洗濯物の臭いを消す方法

先ほど紹介した方法より簡単でお薦めしたい方法が、今までの洗剤より分子量が小さいナノ洗剤で洗濯物の臭いを消す方法です。従来の洗濯洗剤とは異なり、今までの洗剤で落としきれなかった脂質汚れの奥まで浸透して、汚れの元になるケラチンを効果的に除去してくれます。

それに加えて最近では、除菌剤も配合されたナノ洗剤が販売されています。使用することにより、洗濯物だけではなく、洗濯槽のカビや汚れまでも除菌してくれるので、洗濯槽の汚れを心配されている方にも最適でしょう。そのうえ、すすぎが1回で済むので、電気代や水道代もお得になります。

スポンサードリンク

「アタックNEO抗菌EX Wパワー」はしぶといニオイ菌の99%を抑制して、洗濯槽や衣類の防カビ効果も期待できるのでお薦めです。

洗濯物が臭いときは干し方を工夫しましょう

せっかく洗濯物をキレイにしても、洗濯物が乾燥するまで必要以上に時間がかかると雑菌が付着して繁殖してしまい、臭いが生じる場合も考えられます。そのため、部屋干しなどで洗濯物を干す場合にはいくつかの注意点があります。

①洗濯物を干す場合には、洗濯物と洗濯物の間が10cm以上空けるようにします。それ以下だと、せっかく洗濯物から蒸発しようとする水分が隣の洗濯物に移ってしまい、乾くまで時間がかかってしまうのです。

②部屋干しなどでは扇風機やエアコンなどで空気の流れを作ってあげて、乾燥までの時間が短くなるようにしましょう。

【室内にエアコンと暖房器具がある場合に使える強力除湿方法】

洗濯を干す部屋に2台のエアコンがある場合や、暖房器具とエアコンがある場合に使える抜群に効果のある方法をご紹介します。

1台のエアコン又は暖房器具で暖房設定を室温を26℃に設定します。もう1台のエアコンを「冷房」モードで23℃に設定します。この方法を使用すれば、室内は一定温度以下に下がらないので、冷房モードによる除湿効果が持続することにより、強力な除湿効果を体感できます。

除湿モードを使うよりは遥かに効率の良い方法です。除湿効率を高めたいと思われている方は是非一度試してみてください。

最後に

洗濯する時、お父さんの衣類が臭いからといって、家族の物とは別に洗濯されているといった話も聞きます。

しかし、今回紹介した方法で洗濯すれば、匂い移りの心配はありませんし、色落ちの心配もありません。特に従来の粉石けんを使用していた人にとってはスッキリと臭いが消えて感動に値するかもしれません。洗濯物の臭いで悩まれている方は、ぜひ一度お試し下さい!

スポンサードリンク