乾電池電池の液漏れを経験したことがある方は多いと思います。でも、危険性がどれくらいあるのか?どのように対処すれば良いのか?など正確な情報を知識として持っている方はどれ位おられるでしょうか?

今回は電池の液漏れの原因や対処法についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

電池が液漏れした時の白い粉って害があるの?

乾電池が液漏れを起こすと、電池の端子部分に白い粉が付着しているのを目にします。ところで、この白い粉は人体に害があるのでしょうか?

この白い粉の正体は、乾電池の中にあった電解液が乾電池の外に漏れ出すことで、二酸化炭素と化学反応を起こして水酸化カリウムとなり固まったものです。この、水酸化カリウムは強アルカリ性であり、汗などで溶ける性質を持っていて、皮膚などに付着すると化学やけどを起こす場合もありますから、電池の液漏れを発見した場合には直接手で触れないようにしましょう。対処法については後述します。

電池の液漏れは何が原因?

ところで、電池漏れの原因とは何なのでしょうか?噂によりますと、中国製の乾電池は液漏れしやすいが、日本製なら大丈夫などといった話も聞きますが、実際は日本製のものでも使用条件により液漏れを起こすようです。それでは、どのような原因により乾電池は液漏れを起こすのでしょうか?

乾電池の液漏れの原因~①電池を逆に入れた場合

細かい条件は割愛しますが、電池を正しい方向とは逆方向でセットした場合、ショート電流が流れて、電池が発熱することで液漏れだけではなく、電気機器自体が溶ける場合もありますから、電池を入れる場合には正しい方向をよく確認してからセットするようにしましょう。

乾電池の液漏れの原因~②電池がショートした場合

乾電池のプラスとマイナス端子に金属が接触すると、ショート電流により乾電池内が異常に高温になり液漏れが発生します。

これは、乾電池を裸状態のままカバン等に入れている場合において、乾電池の端子部分にアクセサリーや車のキーなどの金属が触れたりすると液漏れが起こると言われています。

ですから、カバンや袋に乾電池と他の金属を一緒に入れている場合には、乾電池をケースなどに入れて保管するようにしましょう。

乾電池の液漏れの原因~③古い電池と新しい電池を一緒に使用している場合

2本以上電池を使用している場合において、1本は新しいもの、もう1本は古いものを一緒に使用すると、電池容量の少ない電池から強制的に放電され、結果、過放電となり、電池内でガスが急激に発生して圧力が高まることで、ガスが放出されて液漏れ現象が起こるのです。

この現象は、新しい電池と古い電池の使用だけで見られるものではなく、アルカリ乾電池とマンガン乾電池を一緒に使用した場合にも見られます。2本以上の乾電池を使用する場合には、同時期に購入した同じ乾電池を使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

乾電池の液漏れの原因~④古くなった電池の放置

使いきった状態の電池をいつまでも機器に入れておくと、電池内部にガスが溜まり、電流を流さない状態でも化学反応を起こし、液漏れが発生する場合もあるのです。

使用期限が過ぎたと考えられる古い電池は早めに処分して、新しい電池と交換するようにしましょう。

電池が液漏れした時に肌や服や床に付着した場合の対処方法は?

液漏れした場合の対処法はどの様にすれば良いのでしょうか?アルカリ乾電池やマンガン乾電池など、電池の種類により対処法が異なります。

アルカリ乾電池の電解液は水酸化カリウムであり、強アルカリ性です。それに対してマンガン乾電池は、塩化亜鉛の電解液で弱酸性です。

電池の液漏れが肌に付着した場合の対処法

アルカリ乾電池が液漏れを起こした場合は、肌に触れないようにして下さい。万が一、肌や目に付着した場合には直ぐ水で洗い流すことが重要です。

特に、目に入った場合には失明の危険性もありますので、絶対にこすらず、大量の水で洗い流し、医師の治療を受けることが大切です。

マンガン乾電池の液漏れの場合は、塩化亜鉛の弱酸性の電解液ですので、アルカリ乾電池の液漏れほどの危険性はありませんが、目に入った場合には万が一の危険性を考慮して医療機関に受診するようにしましょう。

電池の液漏れが衣服に付着した場合の対処法

アルカリ乾電池の液漏れが服などに付着した場合には、大量の水で洗い流した後、普通の洗濯をすれば大丈夫です。ただし、デリケートな自然素材などを使用している衣服などは変色してしまう場合もあります。

電池の液漏れが床に付着した場合の対処法

電池が液漏れして、床などに付着した場合には直接肌に触れないようにビニール手袋などをして注意しながら処理します。また、目に付着しないように保護メガネを着用することも大切です

床に付着直後はティッシュペーパー等で液を拭きとった後、水を含ませたティッシュペーパー等で再度拭き取るようにします。これを数回繰り返します。

液が固まって白い粉状になっている場合にはマスクなどを使用して、粉を吸い込まないように十分に気をつけて下さい。

なお、アルカリ乾電池からの液漏れの場合には、液体は強アルカリ性なので、お酢など酸性のもので拭き取ることで付着部分に浸透した成分を中和できるのですが、だからといって床や衣服の色落ちを防げる訳ではありません。いずれにしても、付着した後、直ぐに拭き取ることが大切です。

最後に

最近では乾電池の液漏れ現象と遭遇することはめったに無くなりました。電池性能が向上したのが理由かと思っていましたが、使用方法により簡単に液漏れ現象を起こすということも知りました。

液漏れは危険です。万が一、肌や目に付着した場合には正しい対処法をしたうえで、医療機関に速やかに受診することをお薦めします。

スポンサードリンク