紙と鉛筆パートで働いている場合、年末調整書類の扶養控除申告書や配偶者控除申告書を会社から配布された場合どのように書けば良いのか詳しく説明します。

スポンサードリンク

年末調整の書き方はパートの場合はこのように書きます

年末調整には2種類の申告書があります。

1つ目の書類である、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方をまず説明させて頂こうと思います。

あなたは年間収入額を103万円以下に抑えて、ご主人の扶養家族としてパートという雇用形態で働いていると思います。つまり、あなたは「扶養される側」ですので、扶養控除を申請する「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を書くのはおかしいなと感じられるかもしれません。

【クリックで拡大します】
↓↓↓
給与取得者の扶養控除申請書
それでは、どうするかといいますと、参考画面のように、あなたの氏名と住所と生年月日と世帯主の氏名を記載して、配偶者の有無の有に○をつけて、押印して提出するだけで大丈夫なのです。
注意しなければいけないのが、提出を忘れてしまうことです。

スポンサードリンク

これは、どういったことかといいますと、この書類を提出しないことで、ご主人の扶養控除対象とみなされなくなり、結果、税金を追徴課税されることにもなりかねないのです。

一旦追徴課税されると、わざわざ確定申告の手続きを踏まなければ取り返すことが出来なくなりますので、くれぐれもご注意くださいね。

年末調整の配偶者控除のパートの場合の書き方

次に、年末調整の2つ目の書類である、配偶者控除申告書(給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書)はパートの場合どのように書けば良いのでしょうか?

実はこの書類は提出する必要はありません。その理由は、年間103万円以下の配偶者の扶養範囲に入っているあなたの場合には税金が戻ってこないからです。

また、あなた名義の年間保険料の控除を申請したい場合には、ご主人が会社へ提出する、配偶者控除申告書(給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書)へ、生計を同一とするものとして一緒に提出して貰うようにすれば問題ありません。

【関連記事】
年末調整の生命保険料控除申告書の書き方と上限額や新旧制度の違い

最後に

世の中には知らないと損をしてしまうことが多々あります。

今回ご紹介した、年末調整書類の不提出もそのひとつです。

くれぐれも、忘れないように注意してくださいね。

スポンサードリンク