履歴書の雛形大学や高校を中退した場合、履歴書に「○年○月中退」と記載するのか悩む人も多いようです。また、中退理由の書き方などについても紹介したいと思います。

スポンサードリンク

履歴書に中退と書くべきか?

大学や高校を中退した場合に、履歴書に中退の事実を書いたら良いのかどうかで悩まれている方は多いようです。大学中退なら高卒として履歴書に記載している人もおられるようですが、ちょっと待って下さい!

履歴書は就職する際の大切な書類であり、特に学歴欄には正確な学歴を記載する必要があります。

大学中退の場合に履歴書に「高卒」と記した場合、高卒には違いないのだからそれで良いといった解釈では後々後悔する場合もあるのです。

それはどういったことかと言いますと、会社によっては2年程度大学に在籍していた場合、短大卒扱いにしてくれる所もあるからです。

また、「中退」といったマイナス印象を隠すためだけに学歴を詐称した場合。その空白期間を埋めるために嘘をつく必要が出てきますし、万が一会社にバレた場合には解雇の原因にもなりかねません。

ですから、履歴書にはしっかりと「中退」と記入するようにしましょう。

スポンサードリンク

履歴書の中退の理由の書き方はどうする

履歴書に中退と記した場合、注意しなくてはいけないことがあります。中退の場合、単に「一身上の都合により中退」と記しただけでは、マイナス印象を与えてしまうだけになりかねません。
中退理由の書き方
中退した場合で、正当な理由があれば是非、参考画像のように中退の理由を書いておきましょう。

中退した時期が短ければ尚更です。具体的な理由を記載せず、単に「一身上の都合」とした場合だと、単なる飽きっぽい性格と思われかねません。

直接履歴書を持参して面接する場合には、口頭で説明できますが、書類選考などの場合には説明機会はありませんので、中退した理由は必ず書いておくことが非常に重要です。

最後に

履歴書に中退した旨を記入しないと、将来的に様々な場面で苦労する場合があるかもしれません。世間は広いようで狭いものです。

履歴書を作成する場合は、将来のことも考慮して慎重に記載することが大切だと思います。

スポンサードリンク