小銭を数える男性小銭が貯まりすぎて何とかしたい!そんなあなたのために両替手数料は必要か?大量の小銭を紙幣に替えたい時の手順などお伝えします。

スポンサードリンク

小銭を両替する時手数料って必要なの?

小銭を両替する場合に手数料は必要なのでしょうか?

なお、両替手数料は銀行により異なりますちなみに郵便局では両替業務は取り扱っていません

大手都市銀行の窓口で両替する場合の両替手数料

1枚~50枚・・・無料
5~500枚・・・324円
501~1000枚・・・540円
1001枚以上・・・1000枚ごとに540円

地方銀行の窓口で両替する場合の両替手数料

1枚~100枚・・・無料
101~500枚・・・324円
501~1000枚・・・432円
1001~2000枚・・・648円
2001枚以上・・・1000枚ごとに324円

(注)2015年現在の両替手数料を表示しています。消費税の上昇や料金設定の見直しなどにより、金額が変更になる場合があります。

小銭は両替するより入金した方がお得です

小銭を紙幣に替えるのが目的でしたら、自分の口座へ小銭を入金して、その後口座から引き出せば良いだけです。両替手数料は1円もかかりませんので、両替するよりお得になります。

スポンサードリンク

大量の小銭をATMで両替するのは時間もかかりますし、ATMのトラブルのもとにもつながりやすいのでお薦めできません。

両替を依頼する場合には窓口で依頼した方が無難です。それでは、窓口で大量の小銭を入金する場合にはどのようにしたら良いのでしょうか?

小銭を両替ではなく銀行窓口で入金する場合の方法は?

銀行の窓口で入金する場合には、預金通帳と入金票(預け入れ票)と現金を添えて窓口に差し出します。

入金票には金額を記載して差し出すのが普通ですが、小銭が大量にある場合にはどうすれば良いのでしょうか?

私の行きつけの銀行の場合には、銀行側で一度小銭を硬貨選別機に入金して小銭の金額を算出してから、お客様に算出された金額を提示して了承して頂いた後に、トラブル防止のためにお客様本人より入金票にその金額を記入して頂くといった形をとっているようです。

なお、私の場合、小銭の中に外貨が混入していたのですが、それも自動的にはじかれていました。最近の硬貨選別機は優秀なようです。

それぞれ銀行や郵便局によって対応が異なる場合も考えられますので、最寄りの銀行や郵便居に出かける前に、一度電話などで確認しておくようにしましょう。

まとめ

小銭はたくさん貯まると、使うのが大変です。100円を支払うのに1円玉を100枚支払うわけにも参りません。

ですから、余った小銭は定期的に銀行や郵便局に預けるようにした方が無難です。でも、もし溜まりすぎたなら、今回の記事を参考にして窓口で入金して頂ければと思います。

スポンサードリンク