ゆで卵ゆで卵を電子レンジで簡単に作れる方法を知りたい!でも、電子レンジにアルミホイルを入れてはいけないって聞いてるし、本当のところはどうなのでしょうか?そんな疑問にお答えします。

スポンサードリンク

ゆで卵を電子レンジでアルミホイル利用での作り方

ゆで卵を作ろうとして、生卵をそのまま電子レンジへ入れて加熱すると卵の黄身や白身が急激に高温になります。そうなると、白身部分のタンパク質も急激に固まります。

そうすると水分が蒸気になって卵内部の圧力が上昇して破裂してしまうのです。ですから、電子レンジでゆで卵を作る場合には、卵内部の温度が一気に上昇しないようにアルミホイルを使用するのです。

それでは、早速電子レンジを利用したゆでたまごの作り方をご紹介します。

ゆで卵を電子レンジを使用して作る方法

【用意するもの】
・生卵
・アルミホイル
・耐熱性容器(マグカップなど)卵1個が余裕で入る程度の大きさのもの
①生卵をアルミホイルで包みます。包み方は写真のように、両先端はねじっておきます。
アルミホイルに包まれた生卵
②金属容器以外の少し大きめの耐熱容器(マグカップなど)にアルミホイルで包んだ卵を入れます。水は容器の9分目ほどになるように多めに入れます。
マグカップその1
③電子レンジの出力を600wで8分間加熱します。加熱すると下の写真のように水が大分減っているのが分かります。
マグカップその2
④その後、10分間ほどそのままにしておきます。
ゆで卵
⑤卵を取り出して殻をむいてみると、丁度良い感じのゆでたまごの完成です。

スポンサードリンク

電子レンジでアルミホイルを使うのは危険なのか?

皆様も御存知の通り、電子レンジにアルミホイルを入れるのは原則としては禁止です。しかし、絶対にアルミホイルを入れていけないというわけでもありません。

どういった事かと云いますと、私の電子レンジの取扱説明書にはこの様なことが書いてあったからです。

【電子レンジの取扱説明書からの一部抜粋】
金属類は電波を通さずに反射してしまうので、原則的には使用できません。
ただし、電波を反射する性質を利用する目的での部分使用が出来ます。・・・・

私の家では、牛乳やお酒を温めたりする時も、容器の上部1/3位の部分にアルミホイルを巻きつけて、効率的に温めるようにしています。

ですから、アルミホイルを細かく刻んで電子レンジに入れたりするような危険な使用方法をしなければ、何ら問題なく料理の際に使用することが出来るのです。

【関連記事】
ゆで卵の作り方で殻をむきやすくする方法と半熟や味付け玉子の作り方

まとめ

私も最近まで電子レンジにアルミホイルは厳禁だと思い込んでいました。

しかし、正しい使い方を知ることでゆで卵が簡単にできたり、牛乳やお酒を効率的に温めることが出来ました。今回はゆで卵1個だけの作り方を紹介しましたが、大きめの容器があれば2~3個は作れると思います。

その時も生卵は1個ずつ包むようにすることと、水はかなり多めに入れることを忘れないようにして下さい。

スポンサードリンク