カニ鍋年末年始の時期になるとよく食べられるお鍋のひとつが「カニ鍋」です。カニ鍋の具材でおすすめのものや、カニ鍋で人気のあるだしのレシピ、カニ鍋に相性の良いお魚などをご紹介致します。

スポンサードリンク

カニ鍋の具材でおすすめの材料は?

カニ鍋の定番の具材とは?

カニ鍋の具材は地域により若干異なりますが、どの地域においても多く使われている具材は下記のようなものではないでしょうか?。
・カニ(タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニなど)
・豆腐
・ねぎ
・白菜
・くずきり
・きのこ類(しいたけ、えのき茸、ぶなしめじ、舞茸など)
・にんじん
※カニ鍋の基本は、カニ以外のもので主張の強い具材はなるべく使用しないのがポイントです。ですから、カニ鍋を作る時は上記に挙げた具材のようなシンプルなものがおすすめです。

カニ鍋の簡単だしの作り方

カニ鍋のだしは大きく分けると「しょう油だし」と「味噌だし」の2種類があります。それぞれの簡単で美味しい作り方をご紹介致します。

カニ鍋のしょう油だしの作り方

【材料】(2~3人前)
・水:1200ml
・鰹節又はほんだし:鰹節なら片手一握りを2つほど。ほんだしなら大さじ一杯
・ダシ用昆布:3枚
・酒:50ml
・うすくち醤油:50ml
・みりん:20ml

【作り方】
①鍋に水を入れて昆布と鰹節(ほんだしの場合は後で入れます)を入れて火にかけます。
②沸騰直前に昆布は取り除きます。
カニの浜海道

③そのまま沸騰させ、5分後に一旦火を止めてから、かつを節を取り除きます。
④そこに、酒、みりん、うすくち醤油、(ほんだしの場合はここで入れます)を入れたらしょう油のだし汁の完成です。あとは、具材を入れて再度火にかけて煮込みます。

スポンサードリンク

カニ鍋の味噌だしの作り方

カニ鍋をしょう油だしで作るご家庭は多いようですが、味噌だしの方がカニ本来の味を引き出すことが出来るとも言われています。

【材料】(2~3人前)
・水:1200ml
・鰹節又はほんだし:鰹節なら片手一握りを2つほど。ほんだしなら大さじ一杯
・ダシ用昆布:3枚
・味噌:120g
・酒:200ml
・寄せ鍋用つゆ:200ml(3倍濃縮の場合)

【作り方】
①鍋に水を入れて昆布を入れて火にかけます。
②沸騰直前に昆布は取り除き、一旦、火を止めます。
③鍋に味噌と寄せ鍋用つゆと酒を入れて、火は弱火にして味噌を十分溶かします。
後は具材を入れて調理して下さい。すだちやかぼす等と一緒に七味唐辛子などで頂くと非常に美味しいです。

カニ鍋の具材でおすすめのお魚とは?

カニ鍋を作る時のポイントは具材をあまり入れ過ぎないことだと思います。

カニ鍋はあくまでもカニが主役ですので、お魚を加えたい場合には蟹の風味を殺さないようにしなければなりません。ですから、カニ鍋に入れるお魚は淡白な味わいのものがお薦めです。

カニと一緒に鍋に入れるおすすめのお魚は、タラ、カワハギ、ハタハタなどがお薦めです。なお、タラは身だけではなく、きくわた等も美味しく頂けますので特にお薦めです。

また、生臭さを取るためにも、一旦別の鍋で軽く湯がいてからカニと一緒に調理したほうが良いでしょう。

まとめ

カニ鍋はご紹介したようにいろいろな具材や食べ方があります。

今回の記事を参考にして頂き、是非美味しいカニ鍋を作って頂ければと思います。

スポンサードリンク