蓮の花身内の方がお亡くなられた場合に年末近くになると配慮しなければならないのが喪中はがきの印刷です。

普通の年なら年賀状を出すわけですが、不幸が合った場合には喪中はがきを出すことになるわけですが私も数年前に母をなくして初めて喪中はがきを出すことになりましたが、何分はじめてのことでしたので少々悩んだことを思い出します。

スポンサードリンク

そのような経験から喪中はがきの印刷に関しては勿論のこと、喪中はがきに関するいろいろなことを書き記したいと思います。

喪中はがきはいつ頃まで出せばいいのでしょうか?

私が喪中はがきを出すに際して一番悩んだ原因は喪中はがきを出す時期でした。

一般的に喪中はがきを出す時期は相手側が年賀はがきを作り始める時期以前にポストに投函するのが一番良いのではないのかと考えていました。

しかし、人の考えは色々とあるようで、年輩の方などは「事始め」といって新年を迎える準備を始める日を喪中はがきを出す目安にしている方もいるそうですので、年輩の方で礼儀作法などに詳しい方へ喪中はがきをお出しする場合には「事始め」(12月13日)の日にお出しするのが良いかもしれません。

ただし、前述したとおり一般的には相手側が年賀はがきを作り始める前に喪中はがきが相手側に到着するようにお出しする方が相手側に対する配慮が感じられるのではないでしょうか?そのような考えからすれば喪中はがきを出す時期はやはり11月中ということになると思います。

スポンサードリンク

私の場合も、会社の同僚や上司の方から11月中に喪中はがきを頂いた記憶がありますので、何ら問題はないと思います。

身内が12月中旬ころに亡くなった場合にはどうしたら良い?

身内の方が歳も押し迫った12月中旬ごろ亡くなった場合、喪中はがきは出すべきか出さないべきか悩まれるご家族も少なく無いと思われます。

この場合、先方側は年賀状を出している可能性もある時期でもあります。

しかし、喪中はがきの本質は不幸があったから年賀状を送らないで下さい。といった趣旨のものではありません。本来は「不幸がありましたので個人的な都合により年賀状を送ることを控えさせて頂きます」といったことを相手側に知らせる挨拶状なのです。

ですから喪中はがきの送る時期が遅くなったとしても一向に問題はありません。

なお、相手側がそれに気づかず年賀状を送ってしまった場合(年賀状が送られてきた場合)には相手側が喪中の家に年賀状を送ってしまい申し訳ないことをしてしまった。という気持ちを背負わせることになるので、その場合には寒中見舞いでご返事を返すようにすれば良いでしょう。

喪中はがき作成方法

簡単な喪中はがきでもいい場合は、郵便局に氏名だけを記入すれば良い喪中はがきがあるようですのでそれを利用するのもいいでしょう。

私の場合は自分でパソコンで作成しました。

この場合の注意点ですがはがきは一般の官製はがきではなく、喪中用官製はがきを使用するようにして下さい。私の場合はインターネットで「喪中はがき 文例」などで検索して自分の境遇に合ったものを使用しました。

初めて喪中はがきを作成するということは大変なことかもしれませんが、喪中はがきを投函する時期や喪中はがきの書き方が分かってしまえば何も心配することはありません。

年末に不幸が起こってしまった場合は別として、喪中はがきは余裕を持って早めに投函したいものです。

スポンサードリンク