マスクとバイキン風邪の引き始めに早めに対処すれば風邪をこじらせずに早く治すことが出来ます。それでは、具体的にどの様に風邪の引き始めの時に対処すれば良いのでしょうか?また、風邪の引き始めには漢方薬が向いているのか?そして、カイロの意外な使用方法をご紹介します。

スポンサードリンク

風邪の引き始めに効く薬ってあるの?

まず、風邪の引き始めとはどういった症状が見られた場合にいうのでしょうか?

よく、風邪の引き始めで喉が痛い、と言う方がいますが、喉が痛くなっている場合には、引き始めではなく、細菌などが感染してからしばらく時間が経過している場合が多いのです。

この時点で薬を服用したとしても、そう簡単には治らない場合が多いのです。ノドが痛い状態の場合は、「風邪の引き始め」ではなく、既に「風を引いた状態」なのです。

それでは、「風邪の引き始め」とはどういった症状の時なのでしょうか?

例えば、喉に風邪の症状が見られる場合でしたら、「喉に違和感を感じる」程度の場合を指します。

子供の場合なら人生経験が短いですから、自分自身で風邪と判断するのは難しいですが、大人の場合でしたら、過去の経験から「風邪で喉が痛くなる前はこの様な症状だった」ということが思い出されるはずです。

そして、その症状を意識することで風邪の引き始めの症状に対して敏感に反応することが出来るのです。

また同様に、熱が出る場合でも引き始めなら体が「ゾクゾク」する感じや「悪寒」を感じる場合が多く見受けられるはずです。

まさしく、これが風邪の引き始めの症状なのです。熱が38℃ほどになっていた場合には、もはや完全に風邪にかかった状態であり、引き始めではありません。

風邪の引き始めに適切に風邪薬を服用することにより、風邪の症状がひどくなる前に風邪を治すことが出来るのです。

風邪薬のCMで「早めの○○○○」と言っていますけれど、あれは本当なのです。

ですから、風邪の引き始めに症状に合った薬を服用すれば、風邪は割と簡単に治ってしまいます。

ですから、「ちょっとおかしいな。風邪かな?」と感じた時点で、早めにお薬を服用することは風邪で苦しまない為に大切なことなのです。

風邪の引き始めには葛根湯や小青竜湯などの漢方薬が良い?

テレビのコマーシャルなどで、風邪の引き始めには葛根湯、などと言われています。

スポンサードリンク

しかし、葛根湯は風邪のどの症状にも効くわけではありません。それでは、葛根湯はどのような症状の時に服用すべきなのでしょうか?

葛根湯は寒気がして首筋付近がゾクゾクするような場合に効果を発揮します。また、風邪の初期に向いている漢方薬であり、本格的に風邪を引いた場合にはあまり効果が見られない場合が多いのです。

葛根湯は、寒気がして首筋付近がゾクゾクする風邪の初期症状に向いている漢方薬なのです。

また、葛根湯同様漢方薬で風邪を引いた時によく使われるのが、「小青竜湯」です。小青竜湯は水っぽい痰や鼻水やくしゃみが出る場合に多く用いられます。

小青竜湯は体を乾燥させる働きが強いので、体が鼻水やくしゃみなどの水分過多の症状が見られる場合でなければ使用すべきではありません。

葛根湯にしても小青竜湯にしても、薬剤師に相談すれば適切なお薬を勧めてくれるはずですので、まず、薬剤師に相談してみましょう。

風邪の引き始めには体のツボにカイロを貼ると早く治る?

この方法は、私が30歳代の頃から行ってきた方法で、事実、風邪の引き始めに実践することで、風邪を悪化させずに済んだことも多いのです。

昔、調剤薬局でバイトをしていた時期があるのですが、その時に薬剤師の先生に聞いたことがきっかけでした。

用意するのは普通の使い捨てカイロ(貼るタイプ)です。
女性の背中
写真のように、首筋と背中の部分には風邪に効果のあるツボが集中していますので、そこにカイロを貼ることでツボのコリを温熱作用によりほぐして風邪の悪化を予防してくれるらしいのです。

首筋にはカイロを縦に1枚(ミニカイロの方が良いかもしれません)。背中には普通の大きさのカイロを背中の中心から少しずらして縦に2枚貼ればいいでしょう。

なお、低温やけどの危険性がありますので、カイロは地肌に直接貼らず、肌着の上から貼るようにしましょう。実際に貼ってみると結構暖かく気持ちが良いです。

しかし、暖房の効いた車内や室内ですと、暑すぎて汗ばんでしまう場合もありますので、着替えを用意しておいたほうが良いと思います。

初めて実践する場合は、ミニカイロの小さいものから試してみたほうが良いかもしれません。

まとめ

風邪は初期のうちに対処しておけば、のどの痛みや高熱などで苦しむことも少なくなるはずです。

そのためには「風邪の引き始めのサイン」をいかに早く見つけ、適切な処置をするかが重要です。

特に風邪を引きやすい時期には、ご自身やご家族の体調を毎日朝晩チェックするようにしたいものです。

スポンサードリンク