お年玉袋お年玉の相場ってどれ位の金額が妥当なのでしょうか?親戚の場合や友人のお子さんなど 関係により金額は多少変わるかもしれませんが、平均的な金額はどれくらいなのか調べてみました。

スポンサードリンク

お年玉の相場は幼稚園児~小学生低学年まではどれくらい?

幼稚園児から小学生の低学年(小学校3年生)くらいまでは1,000円という金額が一番多いようです。

もちろん、この金額は友人知人などのお子さんに対する金額であって、親戚関係(甥・姪)などになるとグッと金額が上がる傾向にあるようです。

ちなみに親戚関係である甥や姪にお年玉を渡す場合の金額は、幼稚園児~小学生低学年くらいの年齢であっても3,000円~5,000円程度の高めの金額が多いようです。

お年玉の相場は小学生高学年~中学生まではどれくらい?

小学生の高学年である、小学生4年生~小学生6年生までのお年玉の金額で一番多い金額は3,000円~5,000円です。

この金額も友人知人などのお子さんに対する金額ですが、親戚関係である甥や姪にお年玉を渡す場合の金額の場合には、更に金額がアップする傾向があります。

スポンサードリンク

甥や姪が小学生高学年~中学生程度の年齢の場合には5,000円~10,000円といったキリの良い金額が圧倒的に多く見受けられるようです。

お年玉の相場は高校生や大学生ではどれくらい?

お年玉を渡す対象が高校生や大学生の場合で知人、友人のお子さんの場合には5,000円~10,000円ほどの金額が一般的なようです。

また、親戚である甥や姪の場合には高校生及び大学生ともに1万円という金額が圧倒的に多いようです。

また、大学生へのお年玉に関して、否定的な考えを持っている方は少なくないようです。

高校卒で働いている人間も多い中で、勉強できる環境の上に、お年玉まで渡すというのは如何なものか?といったのが主な理由のようですが、人それぞれ環境や生活が異なりますし、奨学金で大学へ通学しアルバイトをしながら一生懸命生活している大学生もいると思いますので、一概に大学生へのお年玉は不要だと決めつけることは出来ないのではないでしょうか?

まとめ

今回は新聞記事や育児雑誌などから気になるお年玉の金額の相場を調べてみました。

また、あるテレビ番組でお年玉の計算式というものを紹介していたのでご紹介しましょう。

【お年玉の計算式】
お年玉の金額=年齢×500円

つまり、10歳(小学校4年生)なら10×500円=5,000円。といった具合です。お年玉の相場を知りたい方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク