謹賀新年と記されたはがき年賀状に書く言葉っていろいろとありますが、謹賀新年の言葉の意味をあなたは熟知した上で使用していますでしょうか?それを知ることで、言葉を重複して使用せずに済みますし、目上の方に対して失礼のない年賀はがきが書けるようになります。

スポンサードリンク

謹賀新年の本当の意味とは?

年賀はがきを書く際に、無意識的に「謹賀新年」という言葉を使用してはいませんでしょうか?

年賀はがきで使用する言葉でよく使われているものとしては、「謹賀新年」や「賀正」や「迎春」や「寿」などが多く見受けられます。

ところで、これらの祝言葉は「賀詞」(がし)と呼ばれており、年賀状に限らずお祝いの席で用いられる言葉です。

そして、この賀詞には1文字、2文字、4文字のものがあるのですが、この文字数にも意味合いがあり、使用するシーンで適している場合とそうでない場合があるのです。

その中でも、4文字の「謹賀新年」という言葉の意味は、「謹んで新年をお祝い申し上げます」といった意味合いで用いられる祝言葉なのですが、何故、多く用いられるようになったのでしょうか?

スポンサードリンク

謹賀新年という言葉の意味は目上に対するもの

1文字や2文字の「寿」、「賀正」、「新春」、「迎春」などは、4文字の祝言葉と比較すると簡略化された祝言葉とされ、目上の人から下の立場の人への言葉とされています。

それに対して「謹賀新年」や「恭賀新年」などは目上の人に対する丁寧な祝言葉であるということから多く使用されるようになったのです。

そういった意味において、職場の上司などには1文字や2文字の「寿」、「賀正」、「新春」、「迎春」などは使用せず、「謹賀新年」や「恭賀新年」などの祝言葉を使用したいものです。

ちなみに、「謹賀新年」や「恭賀新年」との表現は微妙に異なっており、謹賀新年の「謹」は「謹む」の意味であり、恭賀新年の「恭」は「うやうやしく」=「礼儀正しいさま」という意味で、「恭賀新年」の方が、よりあらたまった祝言葉となります。

謹賀新年の意味を知ることで祝い言葉の重複を無くそう

また、先ほども説明した通り、「謹賀新年」や「恭賀新年」は「謹んで新年をお祝い申し上げます」といった意味です。

ですから、「謹賀新年」の言葉の後に「新年明けましておめでとうございます」といった言葉を使用している人を多く見かけますが、重複した意味合いになるので、併記しないように注意する必要があります。

まとめ

私事ですが、昨年まで年賀状には「謹賀新年」と「新年明けましておめでとうございます」といった言葉を両方使用していました。

完全な表現の併記であり、祝い言葉をダブって使用していたことになります。次回から年賀状を書く際には、この点に留意して作成しようと思っています。

スポンサードリンク