軟膏のチューブ皮膚の汚れをキレイに落とせると評判のオロナインパック。本当に効果があるのか?また危険性はないのか?そして、オロナインパックの代わりのパック方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

オロナインパックの効果と危険性は?

オロナインパックをしている人は少なくないようですが、本当に効果があるのでしょうか?また、危険性はないのでしょうか?

それを知るためにはまずオロナインの成分を知る必要があります。

オロナインH軟膏の成分

【有効成分(1g中) 】
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)・・・10mg
【添加物】
・ラウロマクロゴール・ポリソルベート80・硫酸Al/K・マクロゴール
・グリセリン・オリブ油・ステアリルアルコール・サラシミツロウ
・ワセリン・自己乳化型ステアリン酸グリセリル・香料・精製水
※なお。上記のオリブ油はオリーブ油のことですが、日本薬局方の表示方法によりオリブ油と表記しています。

オロナインの有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌消毒液として広く用いられている成分です。

クロルヘキシジングルコン酸塩液は単なる消毒液ですので、肌の角栓を取り除くパック効果はありません。(お肌の殺菌効果は別として)

オロナインパックと称されて、お肌の毛穴に詰まった角栓を取り除く効果を発揮しているのはラウロマクロゴール、ポリソルベート80、サラシミツロウなどといったオロナイン軟膏に含まれている添加物の性質を利用したものです。

多くの人が実践しており、オロナインパックに関する動画などを見てみても、お肌の毛穴に詰まった角栓を取り除く効果はある程度あるようです。

しかし、オロナインH軟膏は本来パックに用いるべきものではありません。オロナインパックをすることでお肌に障害が発生する危険性があるのです。

皮膚にはニキビの原因となるアクネ菌を始めとして様々な菌が生息しています。そして、それらの菌はお肌を正常な状態に保つための重要な役目を担っています。

しかしながら、オロナインパックとして大量にオロナインを顔などに使用した場合、有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液がそういった菌を殺菌してしまうことになります。

菌は時間とともに回復しますがオロナインパックを頻繁に行うことで、お肌にある菌のバランスを壊し、皮膚のトラブルの原因になります。

スポンサードリンク

また、オロナインの添加物であるラウロマクロゴールやポリソルベート80というのは界面活性剤の一種で成分をお肌に浸透しやすくする効果があります。

ですから、オロナインをたっぷりと塗ることでお肌が柔らかくなり、角栓が取れやすくなるのは確かですが、オロナインはあくまでもクロルヘキシジングルコン酸塩液の殺菌作用を期待している医薬品なので、お肌のパックとしては使用するべきではありません。

また、オロナインパックをした場合、オロナインの油分が酸化して毛穴の黒ずみを引き起こす危険性もあるのです。

また、そもそも角栓というものはタンパク質と皮脂が混じり合っているものなのですが、毛穴を塞いで、ウイルスや雑菌などがむやみにお肌に侵入しないようにブロックしているわけですので、やたらと角栓を取ろうとするのは間違いなのです。

角栓を取り除くなら、お肌の中にある角栓はそのままにして、お肌の表面から出ている部分のみを取り除くようにするのが、健康的で美しい肌を保つコツなのです。

オロナインパックよりお薦めのクレンジング方法

それでは、お薦めのクレンジング方法を紹介します。

先ほど説明した通り、お肌の中にある角栓はそのままにして、お肌の表面から出ている部分のみを取り除くようにするイメージで行います。

クレンジングオイルを使用する際には必ず油脂ベースのものを使用して下さい。口コミなどで評判の良いおすすめ品としては以下のものがあります。

エコサート認定!オーガニック農園で収穫された天然原料、アルガンオイル・ダマスクローズ水を…

M mark 肌にやわらか柔軟クレンジング 120ml/M mark(Mマーク)/クレンジングオイル/税抜1900円以…

そして、クレンジングの後はしっかりとぬるま湯で洗顔してから、保湿剤であるセラミドが配合されている化粧水をたっぷりつけます。

クレンジングとスキンケアで大切なことは、製品の間違った使用方法や安いからといって粗悪品を使用しないことです。十数年後にはお肌に大きな開きが出てしまう場合もあるのです。

まとめ

オロナインはあくまでも肌の殺菌消毒を目的とした医薬品です。

風評に惑わされ間違った使い方をすることにより、お肌にトラブルが起きるとも限りません。メーカー側も間違った使用方法に対する責任は一切取らないはずです。

お肌のお手入れに使用する化粧品は、くれぐれも慎重に選びたいものです。

スポンサードリンク