ユニットバス風邪を引いた時にはお風呂に入らない方が良いという人もいますが、入ったほうが良いという人もいます。また、お風呂で風邪が感染する危険性があるという意見もあります。風邪とお風呂の素朴な疑問に関して調べてみました。

スポンサードリンク

風邪を引いた時はお風呂に入らない方が良い?

風邪を引いている時にはお風呂に入らない方が良い。という言葉をよく耳にします。しかし、本当のところはどうなのでしょうか?

これは、かつての日本人の入浴習慣に原因があったといわれています。

昔は各家庭にお風呂がある家が少なく、多くの人が銭湯を利用していました。

銭湯には歩いて行くケースがほとんどであり、銭湯で暖まったとしても帰りは歩いて帰ってこなければなりませんでした。

特に風邪の流行しているような寒い時期には、銭湯帰りで湯冷めしてしまい、風邪をこじらせる人も多かったのではないでしょうか?

そういったことに対しての戒めとして、「風邪を引いている時にはお風呂に入らない方が良い。」といった言葉が使われるようになったと推察できます。

しかし、現在ではほとんどの家にお風呂が備わっていますので、湯冷めを心配する必要もなく、風邪を引いていたとしても、一般的にはお風呂に入るのは何ら支障がないと考えられます。

風邪でお風呂に入らない方がいい場合は?

しかし、風邪をひいている場合において、症状に関係なくお風呂に入って良いという訳ではありません。

風邪を引いている状態で、高熱などが続いて体力的に消耗している場合にはお風呂に入らない方が良いのです。

お風呂に入るだけでエネルギーが結構消費されますので、熱で弱った体には逆効果になってしまい、体の免疫力の低下を招いてしまう場合があるのです。

スポンサードリンク

熱以外の風邪の症状の時には、お風呂に入ることで体も温まりますし、すっきりとした気分にもなれますので、お風呂に入ることをおすすめしている医師も多いのです。

風邪を引いた人の後にお風呂に入るとうつるって本当?

ところで、風邪やインフルエンザに感染している人が入浴した後のお風呂に入ることで、風邪やインフルエンザに感染しないのでしょうか?

風邪の原因となる8割~9割がライノウイルス、コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスと言われており、残り1割~2割が溶連菌、百日咳菌や肺炎マイコプラズマなどの細菌が原因と言われています。

これらのウイルスや細菌の中でもインフルエンザウイルスは熱に強く、60℃の熱で30分加熱しないと不活化になりません。

不活化とは、ウイルスや細菌が感染力を失った状態を言います。

お風呂のお湯は通常38~42℃ほどですから、30分では不活化にはならないと考えられます。

しかしながら、浴槽には数十リットルのお湯があるために、ウイルスや細菌が混入したとしても十分に希釈され、感染力はほぼゼロに等しくなると考えられています。(希釈は最大の消毒であるとも言われているそうです。)

ですから、現実的には風邪に感染した人の後にお風呂に入ったことで感染する心配はほとんど無いというのが大半の意見です。

しかし、体の免疫力の落ちている人が、感染者の後で入浴した場合、感染リスクはゼロとは言いがたい面もあるので、安全策として風邪を引いている人は一番最後に入浴するのが好ましいと思われます。

勿論、タオルやバスタオルは別々のものを使用することを忘れずに。また、シャンプした髪はそのままにしておくと湯冷めの原因となりますので、湯上り後ドライヤー等で素早く乾燥させましょう。

まとめ

風邪を引いている時の入浴に関しては、先ほど説明した通り、条件付きですが医師のあいだでも賛成の意見が多いのです。

根拠の無い迷信は信用せず、正しい知識を持った上で体のケアにつとめたいものです。

スポンサードリンク