電気毛布寒くなると使用する人も多くなる電気毛布。気になる電気代はどれほどかかるのでしょうか?また、電気こたつと比較した場合、どっちが得なのでしょうか?気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

電気毛布の電気代って1時間でいくらかかる?

日本にある電化製品の有名メーカーの電気毛布の電気料金を調べてみたところ、意外と電気代が安いということが分かりました。

販売価格が2,000~3,000円のもので、一番多く利用されていると思われる電気敷毛布(消費電力が55W)の電気料金を調べてみました。

電気毛布の温度コントロールを「強」にして電気代を計測した結果、1時間の電気料金は約0.83円で、「中」の場合には約0.49円で「弱」の場合では約0.09円という電気料金がかかるということが分かりました。

そこで、睡眠時間を1日に8時間として「強」で使用した場合0.83円×8時間=6.64円となり、一ヶ月(30日で計算した場合)では12円×30日=199.20円程度ということになります。

「強」で使用すると電気代が結構かかると思い込んでいましたが、一日に8時間も使用しても一ヶ月200円もかからないという結果には正直驚きました。
(※電気料金目安は単価 27円/kWhを基に算出しています。)

電気毛布の電気代と比較するとこたつの電気料金は?

独身用の小さめの電気こたつの電気代は?

こたつには様々なタイプが有りますが、一人暮らし用の一灯式石英ヒーターの電気こたつの場合の電気代はどれくらいかかるのでしょうか?

こたつスイッチを「強」約120whで使用した場合の1時間あたりの電気代は3.8円程度です。また、「弱」約50whで使用した場合の1時間あたりの電気代は1.4円程度となります。

スポンサードリンク

それでは、電気毛布と電気代と比べてみましょう。

電気毛布の場合と同様に、電気こたつを「強」で一日に8時間使用した場合、3.8円×8時間=30.4円。

一ヶ月(30日で計算した場合)では、30.4円×30日=912円となり、電気毛布の電気代である199.2円より713円高くなってしまいます。

ちなみに電気消費量を「弱」で使用すれば、一ヶ月あたりの電気代は336円ほどになり、電気毛布の電気料金とそれほど変わりなくなります。

一般家庭の標準的な大きさの電気こたつの電気代は?

それでは、一般的な家庭で多く見られる「平面パネルヒーター」(フラットカーボンヒーター)が付いている電気こたつの電気代はいくらなのでしょうか?

こたつスイッチを「強」約300whで使用した場合の1時間あたりの電気代は3.9円程度です。また、「弱」約80whで使用した場合の1時間あたりの電気代は2.2円程度となります。

それでは、電気毛布と電気代と比べてみましょう。

電気毛布の場合と同様に、電気こたつを「強」で一日に8時間使用した場合、3.9円×8時間=31.2円。

一ヶ月(30日で計算した場合)では、31.2円×30日=936円となり、電気毛布の電気代より737円ほど余計に電気代がかかってしまいます。

「弱」で使用した場合は528円となり、大分金額は抑えられます。
(※電気料金目安は単価 27円/kWhを基に算出しています。)

まとめ

電気毛布と電気こたつの電気料金比較は電気毛布の勝利ということがわかりました。

そもそも、電気毛布と電気こたつの電気代の比較をすることの意義がわからないといった方もおられるかもしれません。

実は一人暮らしの方の中には、寝る時に電気こたつを使用している方が結構いるのです。

そういった方が、このままで良いのか?電気毛布に変えたほうが電気代が安くなるのか?といった疑問に答えるといった意味で記事を書いてみました。

参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク