消毒済みのコップノロウイルスの消毒液をハイターなどで作る方法と使用する際の濃度や消毒時間についての注意点をご紹介します。

スポンサードリンク

ノロウイルスの消毒液のハイターでの作り方

市販されているハイターやブリーチでノロウイルスの消毒液を作る方法をご紹介しようと思います。

消毒液は目的別により、0.02%のものと0.1%のもとと使い分けます。

日常の予防的消毒には次亜塩素酸ナトリウム液(ハイター)の濃度が0.02%のものを使用し、ノロウイスル患者がおう吐した物や排泄物により汚染された部分の消毒に対してはより殺菌力の強い0.1%の消毒液を使用します。

ちなみに、ハイターやブリーチの次亜塩素酸ナトリウム液の濃度は5~6%で、ミルトンは1%となっています。

消毒液の作り方

次の計算式に当てはめることで、必要な原液の量を算出できます。

原液の量(ml)=(作りたい消毒液の量(ml)×作りたい濃度(%))÷原液の濃度

ちなみにハイターやブリーチを使った簡単な消毒液の作り方は以下のとおりです。

スポンサードリンク

0.02%の消毒液の作り方
水5Lに対してハイターのキャップ1杯(約20ml)

0.1%の消毒液の作り方
水2Lに対してハイターのキャップ2杯(約40ml)

ノロウイルスの消毒をハイターで行う場合の濃度や時間は?

ノロウイルスに効果的な消毒方法は、熱湯での殺菌(85℃以上のお湯で1分間以上加熱する)と次亜塩素酸ナトリウム液による方法です。

クレゾール(逆性石けん)や消毒用アルコールなどでは効果がありません。

そこで、多く使われているのがハイターなどの次亜塩素酸ナトリウム液なのですが、消毒する場所や物により濃度や消毒時間の目安といったものがあります。

ドアノブや便座やリモコンや蛇口などの消毒方法

すでに感染者がいる場合には、0.1%の消毒液をペーパータオルなどにたっぷりと染み込ませたもので拭きとった後、10分程度してから水拭きします。

おもちゃや調理器具などの消毒方法

すでに感染者がいる場合には0.1%の消毒液を多めに作り、その中に10分以上漬けておきます。その後、水でよくすすぎます。

まとめ

紹介したように、ノロウイルスの消毒は漂白剤のハイターなどで殺菌消毒することができます。ノロウイルスの流行する時期には、家族がよく触れる物をこまめに消毒するようにしたいものです。

スポンサードリンク