車のバッテリーを交換するのはなかなか素人では難しいと思っている人は少なくありません。しかし実際やってみれば本当に簡単な作業で終わってしまいますので是非ご自分でのバッテリーの交換をお勧めしたいと思います。

その前にいろいろと知っておきたいバッテリー交換に関する知識をお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

バッテリーは交換するのは簡単なのですが、古いバッテリーの処理が大変です。

しかしインターネットで探してみれば格安でバッテリーを販売している会社がサービスで古いバッテリーを無料回収しているサービスをしているところもありますのでそのような会社を利用すれば古いバッテリーの処理の問題は解決します。

もう一つバッテリーを交換する前に知っておかなければならないことがあります。それはバッテリーを外した時に車の電源が途絶えてしまいます。そうしますと車の時計やパワーウインドの設定、他にもリモコンエンジンスターターの設定などのメモリーが消えてしまうことになります。

そうならないように是非利用したいのがメモリーバックアップという簡単な電源です。これはインターネットで探せば簡単に見つかるものなのです。価格的には数百円から数千円のものがあるようです。

メモリーバックアップには大きく分けて2つの種類があります。 1つは車のシガーソケットに差し込んで使うもの。もう一つは車のバッテリーに接続するものです。車のバッテリーに接続するものだとまれに外れてしまう場合もあるようですので、私はシガーソケットに差し込むタイプをおすすめします。このほうが料金も安くて数百円で購入できます。

スポンサードリンク

それではバッテリー交換の仕方を説明します。

バッテリーの交換を始める前にメモリーバックアップをシガーソケットに差し込みます。メモリーバックアップの使用方法は使用説明書を見ていただければお分かりになると思います。(大体の場合メモリーバックアップをシガーソケットに差し込んだ後、車のキーをACC位置まで回します)

それではバッテリーのマイナス端子から外していきます。端子側には「-」と書いてありますし、黒いカバーがついていますから分かりやすいと思います。

次にプラス端子を外します。これには赤いカバーが付いていますのでこれも分かりやすいと思います。

その次はバッテリーを固定している金具を外してバッテリーを取り外します。

次に新しいバッテリーを取り付けて先程の金具を再度取り付けて固定します。

今度はプラス端子から取り付けますまる赤いカバーのついている方ですね。

そして最後にマイナス端子を取り付けます。これは黒いカバーのついている方です。

これでバッテリーの交換が完了しました。メモリーバックアップを取り外して終了です。

いかがでしたか?バッテリーの交換なんて結構簡単に誰でもできるものなんですよ。ぜひあなたもご自分でバッテリー交換をされてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク