両足の写真足が臭い原因が分からずに悩んでいる方は少なくありません。足の臭いの原因が判明すれば対策法も見えてくるはずです。足の臭いの原因を知ることで、対策法も見えてきます。

スポンサードリンク

足が臭い原因は古い角質と靴下と靴にあった!

足が臭いのは、体質やストレスや食生活が原因と考える人は少なくありません。

しかし、足が臭う根本的な原因は足のムレによる角質層の脱落により発生することが分かっています。靴を履いた状態が長く続くと、足から生じる汗と体温により足はサウナに入った状態になります。

人間の足から出る汗は、個人差もありますけれども1日にコップ1杯ほどだと言われています。つまり、靴の中は、汗と体温によってムシムシとした感じのサウナ状態に近い環境になっているのです。

ところで、人間の皮膚は新陳代謝を繰り返しています。それは、足の皮膚も同様です。

そこで、皮膚の角質層の一番外側の部分、つまり、古い角質層は剥がれやすい状態になっています。

靴の内部の環境のムシムシした高温多湿状態ですと、なおさら古い角質層が蒸れやすくなるのと同時に剥がれ落ちやすくなります。

また、人間の皮膚には「皮膚常在菌」と言われている「表皮ブドウ球菌」や「コリネバクテリウム」などが存在しています。

そういった皮膚常在菌が古い角質をエサとして分解する際に、嫌な臭いが発生するのです。

剥がれ落ちた角質には当然「皮膚常在菌」も住みついているわけですから靴下や靴内のインソールなどにも剥がれた角質がまき散らされる事で足元全体が臭うことになってしまうのです。

足の臭いの対策法と効果的なグッズとは?

前項で説明したとおり、足の臭いの発生源は足の角質層ですが、角質が落ちてしまうことにより、靴下やインソールまで菌が繁殖して臭いの原因になっている場合が多いのです。

スポンサードリンク

つまり、足の臭いの対策法としては、「足の角質層」「靴下」「靴」と3つに分けて考える必要があります。つまり、足が臭い場合には、「足そのもの」と「履いた靴下」そして「靴」をそれぞれケアすることが大切になります。

それでは、それぞれの対策法とグッズをご紹介します。

足の臭いを取る対策法

足が臭い場合には、足にある古い角質層を除去するのが効果的です。角質層の古い部分はもろくなっているので、「皮膚常在菌」が侵入しやすいので、臭いの発生源になっています。

フットケア用品を使用し、古い角質層を除去しておくことが一番大切だと思います。フットケアは定期的に行うと効果的です。

次に、足の臭いが気になる場合、速攻で消臭する方法を紹介します。

【足の臭いの消臭方法】
洗面器に漂白剤のハイター(塩素系の液体)をキャップの1/4ほど入れて、洗面器に八分目ほどの水かぬるま湯を入れます。そして、足を3分ほど浸しておけばOKです。

また、入浴時に足を洗う場合には、普通の石鹸やボディシャンプーを使用するのではなく、トリクロサンなどの抗菌成分を含むものを使用することで、雑菌の繁殖を抑制することが出来ます。

足が臭くなりにくくする対策法

朝、出かける前に、靴下を数枚持って行きます。そして、一定の時間ごとに靴下を交換するようにすれば、雑菌の繁殖を効果的に抑えることが出来ます。

靴下の臭いを取る対策法

靴下には雑菌や角質などが付着しているので、一般的な洗剤では臭いの素である雑菌を除菌できない場合もあります。足の臭いが気になる方は、抗菌漂白剤を配合している洗剤がお薦めです。

一般的な洗剤よりは割高ですが、同時に洗濯槽の除菌にも役立ちますので一挙両得です。

靴の臭いを取る対策法

洗面器に漂白剤のハイター(塩素系の液体)をキャップの1/4ほど入れて、洗面器に八分目ほどの水かぬるま湯を入れます。そして、それに布巾などを含ませて軽く絞った後、靴の内部を拭くことで、除菌することが出来、それにより靴の臭いを予防することが出来ます。

まとめ

足が臭くなる原因と対策法についてリサーチしてみました。足の臭いに悩まれている方で、今回紹介した方法をまだ試したことのない方は一度実践してみてはいかがでしょうか。

今までの悩みが解消するかもしれません。

スポンサードリンク