採りたての筍旬の筍はとても美味しいですが、採りたてならまだしも、売っているものはそのままではアクが強くて食べることは出来ません。筍の上手な湯がき方やあく抜き方法をご紹介致します。

スポンサードリンク

筍のゆで方~米ぬかを使ったアク抜き方法

まず初めに、一般的なあく抜き方法である「米ぬか」を使ったゆで方をご紹介します。

①筍の固い外皮を1~2枚はぎとってから穂先の部分を包丁で切り落とします。
筍の切り方~その1
②火の通りを良くするために、たけのこの外側から中心に向かって全体の1/3~1/2ほどの切り込みを入れます。
筍の切り方~その2
③大きめの鍋にたっぷりと水を入れて筍を入れます。そして、筍のエグみを取るために、筍1本に対して赤唐辛子を2本程度入れます。(この程度の唐辛子量では筍に辛味は付きませんので安心して下さい。)

そして、米ぬかを一握り程度鍋に入れてから強火にかけます。

※筍のゆで方のコツは、大きめの鍋にたっぷりと水を入れて筍を完全に浸らせることです。

小さめの鍋だったり、水量が少ないと上手くゆでることが出来ません。

④沸騰したら弱火にして30分程度煮込みます。(吹きこぼれないように注意します)つまようじか竹串を筍の根本などの固い部分にスーッと刺すことが出来るようになればOKです。

スポンサードリンク

⑤火を止めて、筍が浮かばないように落とし蓋をして3~4時間ほど放置します。その後、筍を鍋から取り出して、余分な皮をとって完成です。

料理に使い切れない量でしたら、ラップ袋に筍と水を入れてこぼれないように縛ってから冷蔵庫に入れておけば3日位は持ちます。

筍のゆで方~米を使ったアク抜き方法

①~③は上記の「米ぬかで作る方法」と同様です。

④たけのこ1本に対して生米を30g入れて強火にかけます。沸騰したら弱火にして1時間ほど煮ます。そして、竹串などで刺してみて、スッと刺さるようになればゆで方は完了です。

⑤その後、落し蓋などで筍が浮かばないようにして1時間ほど放置して完成です。

筍のゆで方~重曹を使ったアク抜き方法

①~③は上記の「米ぬかで作る方法」と同様です。

④火に掛ける前に、水1Lに対して小さじ1杯の割合の重曹を入れます。多めに重曹を入れますと、たけのこが柔らかくなりすぎたり、変色する場合がありますので注意が必要です。

たけのこが浮いてこないように落とし蓋をして強火にかけます。

⑤沸騰したら弱火にして20分ほど煮ます。そして、竹串などで刺してみて、スッと刺さるようになればゆで方は完了です。

その後、お湯の温度が下がるまでそのままにしておき、冷めたら完成です。

米ぬかや生米を使用したゆで方を比較すると、重曹を使ったほうが大分速く調理できますので、たけのこを買ったその日に食べたい場合には重曹を使ったあく抜き方法のほうが良いかもしれませんね。

まとめ

三通りの筍の茹で方を紹介させて頂きました。

いろんな口コミを見てみると、筍らしい風味を残せて人気な方法は、「米ぬかによるあく抜き方法」で、スピーディーにアク抜きできるのは「重曹によるアク抜き方法」のようです。

それぞれのシチュエーションに合わせた方法で調理して頂ければと思います。

スポンサードリンク