あさりスーパーであさりを買ってきて砂抜きをしようとしても、あさりの口が開かなくて困った事はありませんか?もしかしたら、水温や塩分濃度などが関係しているのかもしれません。今回は、あさりの砂抜きに関しての豆知識をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

あさりの砂抜きで口を開かないのはなぜ?

あさりを買ってきて、ボウルなどの容器に入れて水を入れれば、あさりが口を開いて砂を吐き出してくれると思っている人は結構いるようです。

しかしながら、あさりは海で生活していますので、真水にいれられても簡単に口を開いてはくれません。

水道水には塩素が混入されており、あさりが違和感を感じて口を開けにくくなるとも言われています。

また、あさりの鮮度が落ちている場合や、すでに死んでいる場合にはあさりは口を開きません。

スーパーで購入してからしばらく時間が経過してしまった場合には、あさりを鼻に近づけて匂いを嗅いでみましょう。

変な匂いがする場合には鮮度が落ちている場合が考えられますので、無理に食べるのはやめたほうが無難だと思います。

あさりの砂抜きの塩分濃度はどれくらい?

あさりの砂抜きをする場合、海水に近い状態の塩水を作る必要があります。

海水の塩分濃度は計測場所により多少変化するようですが、大体3.1%~3.8%と言われています。

一般的にあさりの砂抜きは3%の塩水で砂抜きすると良いと言われていますが、私が試したところ、もうちょっと塩分濃度が濃い3.5%の塩水の方が、あさりが盛んに水を吐き出してくれるように感じました。

あさりの砂抜きの水温や時間はどれくらい?

あさりの砂抜きをする場合の水の量、水温、時間などはどれくらいが最適なのでしょうか?

水位をあさりの1cm程度上に来るくらいにすると、あさりが水を吐いているのを確認できます。

スポンサードリンク

あさりを砂抜きする際に大切なことは、吐いた砂を再度吸い込まないように”底上げ”するなどの工夫が必要です。

例えば、単にあさりをボウルなどに入れるのではなく、ザルにあさりを入れたままボウルに入れるなど、砂を再度吸い込みにくくしてあげます。

水温は真夏以外なら常温で、真夏なら冷蔵庫の野菜室など、あまり温度が低くない場所で、かつ薄暗い場所が良いようです。

砂抜きの時間は一晩とか言われていますが、あさりは水管から水を吸って、水中の酸素と栄養を取り込みます。

そして、吸い込んだ水を吐き出す時に体内に溜まった砂を吐くのですが、砂抜き時間をあまりにも長くすると、水中の酸素が少なくなり、あさりが弱ってしまう場合がありますので、砂抜き時間は2~3時間もあれば十分です。

あさりの砂抜きをしたのに砂があるのはなぜ?

砂抜きをしても、あさりを食べる際に「ジャリ!」と砂を噛んだ人はいるはずです。

砂抜きをしたのにおかしいな?砂抜き時間が足りなかったのか?などと思った人は少なからずいるのではないでしょうか?

実は、砂抜きをしてあさり内部にある砂を吐き出させたとしても、十分ではないのです。

これは、どういったことかと言いますと、砂はあさりの内部だけではなく、あさりと貝殻の間にも存在しているからなのです。

味噌汁で食べる際などは、あさりの身を味噌汁内で軽く”すすぐ”ことで、砂を落とすことが出来ます。

その場合、味噌汁の底に砂が残るので、最後まで飲まないように気をつけましょう。

また、あさりの酒蒸しなどは、一旦、蒸して開いたあさりを一旦取り出してから、真水などでよく洗ってから再度調理するようにすれば、間違って砂を噛む割合を大分少なく出来るはずです。

最後に

あさりはストレスを与えることで、旨味成分であるコハク酸が増えると言われています。

ストレスを与える方法としては、十分に砂抜きをした後、塩水から取り出してザルに上げて3時間ほどそのままにしておくだけでOKです。

その後調理して頂けば、一段と美味しいあさりが頂けるかもしれません。是非一度試してみてください。

スポンサードリンク