夕日日本人の多くはあがり症だと言われています。しかしながら、人前で話す場合に異常に緊張して、話すのもままならないようなあがり症の方もいらっしゃいます。今回は、そんな方のために、あがり症に関する話をしたいと思います。

スポンサードリンク

あがり症は話し方教室で治るのか?

あがり症を改善しようとして、話し方教室へ通う方がおられますが、本当にあがり症を改善できるのでしょうか?

話し方教室というのは、基本的に話す内容の組み立て方や発音方法などに関してアドバイスをしてくれるところがほとんどではないでしょうか?

すなわち、あがり症そのものを良くしてくれる所では無いと思われます。

ですから、話し方教室へ数ヶ月通ったけれども、

あがり症が改善しなかったという人は多いのです。

しかしながら、頻繁に発表会などを実施している話し方教室では、”場慣れ”することで、あがり症の改善が期待できる可能性もありますので、

そういった意味において、そのような話し方教室なら実践してみる価値はあるのかもしれません。

ただし、人により場所や話す人が変わることで、緊張してしまう人もいるので、ご自分がどのようなタイプの人間なのか?客観的に分析してみることが必要です。

あがり症は本当に精神的な要因だけが原因なのか?

あがり症は昔から心の持ちようが大切だと言われてきました。

しかし、あがり症は精神的な要因だけが原因では無いようなのです。

どういった事かと云いますと、人間には心臓の部分にβ(ベータ)受容体といったものがあります。

β受容体に刺激が加わると、心臓の鼓動が激しい状態=動悸がするようになり、自分自身でも心臓の鼓動が聞こえるほどになります。

そして、激しい動悸により手足や声の震えにつながるのです。

普通の方でしたら、多少興奮状態になったとしても声が震えたり、手足が震えたりはしません。

これは、多少の刺激伝達物質が生じても、そう簡単にはβ受容体にダイレクトな刺激が伝わらないような身体の防御システムがあるからだと思います。

しかしながら、あがり症の人間は、少し緊張しただけでも心臓がバクバクする方が多いように見受けられます。

これは、精神的な問題というよりも、肉体的な構造によって生じていると考えても不思議では無いと思われます。

スポンサードリンク

つまり、一般的な人と比べた場合、β受容体が過敏になっている、もしくは、刺激伝達物質がβ受容体に届きやすい体の構造に出来ている。と推測されるのです。

あがり症による手や足や声の震えを治せる薬は?

β受容体を刺激することで、心臓の鼓動が激しくなり、

それにより手や足や声の震えにつながることが分かっています。

ですから、あがり症を改善するにはβ受容体をブロックして、

刺激伝達物質を遮断することが必要なのです。

ちなみに、抗不安剤などのお薬を服用しても、激しい動悸を止めることはできません。

気分は多少和らぎますが、β受容体をブロックしていないので、

緊張する場面になるとどうしても心臓の鼓動が激しくなってしまいます。

そこで、登場するのがβ受容体をブロックする働きのある、「β(ベータ)ブロッカー」と呼ばれるお薬です。

例えば、あがり症の人が大勢の前で発表しなければならない場合、

心臓の鼓動はバクバク状態になるはずです。その結果、声は上ずり、手や足は震え、

聴衆からは引かれるなど散々な思いをして自己嫌悪におちいる人は少なくありません。

ところが、βブロッカーを服用すれば、聴衆が何百人いようとも、全く動悸が起きることはまずありません。

ただし、βブロッカーは抗不安薬では無いので、心の緊張は取り除けませんので、緊張したまま話すことになります。(しかし、動悸や手足や声の震えは一切生じなくなります)

なお、精神的な不安も取り除きたい場合には、その旨を心療内科医などに伝えると、

βブロッカーと一緒に抗不安薬も処方してくれるはずです。

βブロッカーと抗不安薬のW処方なら、余裕で発表会などに臨めることでしょう。

ただ、βブロッカーは、血圧を低下させる作用や気管支を収縮させる作用がありますので、

低血圧の人や喘息持ちの方が服用する場合には注意が必要になります。

まとめ

あがり症の症状があるということは、社会で生きていく上で非常に重荷になります。

会社や学校などでも会議など人前で発表しなければならない場面は数多くあります。

また、あがり症は精神的なものと言われてきて、自分責めてきた方もおられるかもしれませんが、

説明してきたとおり決してそうとも言い切れません。今までお薬に抵抗を感じていた方であっても、

そういった実情を知ることでお薬に対する考え方のハードルが下がるのではないでしょうか?

今回の記事があがり症で悩まれておられる方にとって少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク