ヨーグルトおならの回数が異常に多かったり、おならが臭かったりするのには食生活が影響していると言われています。その理由と解決方法を探ってみました。

スポンサードリンク

おならが臭い原因は食べ物にあった

食事をする際、あなたはどんな点に気をつけていますか?

単に自分の好物だけを食べていると健康的にも良くありませんし、おならの臭いにも悪影響を与えてしまうことになりかねません。

自分の好きな食事や偏った食事を続けていると、腸内細菌の悪玉菌が増え、善玉菌が減ってしまいます。

そうなると、腸内の腐敗が進行し、細菌毒素が産生されて匂いのきついガスが発生します。

ですから、おならの臭いを改善したい場合、腸内環境を正常化させるのが一番なのです。

すなわち、腸内細菌の善玉菌に対して毎日「エサ」を与えることで、善玉菌が増え、悪玉菌が減少しておならの臭いにおいが軽減されていくのです。

おならの臭いや回数を少なくするには腸内環境が大切

それでは具体的にどの様にして腸内環境を改善させれば良いのでしょうか?

人間の腸内には2kgほどの腸内細菌が住んでいると言われています。

腸内細菌には大きく分けると3種類ほどあります。

1つは善玉菌と呼ばれる「ビフィズス菌」や「乳酸菌」などです。

2つ目は悪玉菌に分類される「ウェルシュ菌」や「大腸菌」などです。

スポンサードリンク

3つ目は「日和見(ひよりみ)菌」と言われ、健康な時は害はないが、病弱な時になると腸内で悪い働きをする「バクテロイデス」や「連鎖球菌」などがあります。

腸内細菌のバランスが崩れたり、加齢により悪玉菌が増えることにより、おならの臭いが強烈に臭くなってしまうのです。

善玉菌にエサを与えて腸内環境を改善しよう

人間は自分の腸内に腸内細菌を2kgほど飼っている。こういった捉え方が大事です。

自分のための食事だけではなく、「腸内細菌(善玉菌)」の為のエサを毎日与えるといった意識が必要です。

「腸内細菌(善玉菌)」のエサになるものは、「生野菜」、「納豆」、「ヨーグルト」、「乳酸菌飲料」などです。

あなたが、唐揚げ弁当などを食べたとしても、腸内細菌(善玉菌)のエサにはなっていないのです。

あなたがお腹一杯になったとしても、腸内細菌(善玉菌)は腹ペコなのです。

ですから、外出先で満足な食事を取れない場合でも、飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを積極的に摂りいれて、腸内細菌にエサを食べさせてあげることが重要です。

そうすることにより、腸内細菌は元気になり、腸内で活発に働いておならが臭ったりするのを防いでくれるのです。

善玉菌を活発にさせて腸内バランスを良くすることは、おならの臭いだけではなく、病気にかかりにくくなったり、老化予防などのアンチエイジングなどにも効果があると言われています。

まとめ

腸内環境が崩れると、悪玉菌が増えることで発がん物質が生成されることも判明しています。

おならの臭い程度ならまだ良いですが、ガンのリスクも増えることになるので、毎日の食事には善玉菌のエサとなるものを積極的に取り入れるようにしたいものです。

スポンサードリンク